「おくゆたか」という品種は、どんなお茶?

おくゆたかの魅力と特徴について

 

「おくゆたか」とは?

お茶の品種の一つです。

栽培面積が全体の75%が「やぶきた」という品種ですが、次いで多いのが「ゆたかみどり」という品種。

ゆたかみどりは、温暖な気候で育つ早生品種として鹿児島県の代表品種として人気です。「おくゆたか」は、種子親の「ゆたかみどり」と花粉親の「F1NN8」と交配して誕生し、1983年に茶農林34号として品種登録されました。(「F1NN8」は「たまみどり」の選抜種です。)

親のゆたかみどりは、早生品種の代表ですが、おくゆたかは、逆で、やぶきたよりも6日ほど摘採適期(最適な摘むタイミング)が遅い中晩生の品種です。摘採適期が短いので、タイミングを外さないように積む必要があります。

「おくみどり」など「おく」と名前のつく品種は、中晩生、晩生の品種なのも覚えておくとよいでしょう。

面積当たりの収穫が多く、病気にも強いので、やぶきたと収穫期も異なることから、佐賀県をはじめ、推奨品種とされています。しかしながら、まだ、栽培面積が全体のほんの1%にも満たない希少な品種と言え、一般のお店などで見かけることはほとんどないでしょう。

親のゆたかみどりが、被覆栽培(かぶせ茶)に適し、深蒸し茶に向いている特徴は、おくゆたかも同じです。

・参考記事:ゆたかみどりについて

・参考記事:やぶきたやその他のお茶の品種ついて

 

おくゆたかのお茶の特徴

水色は、深蒸しにすると良好なグリーン色になります。葉も厚いので、あさつゆなどに比べると茶葉の形状も綺麗です。

ゆたかみどりと同じように、芳醇な香りが特徴です。主要品種のやぶきたとは異なった風味で、うま味も多く、後味がすっきりで爽やかなのが好感が持てます。

全体的に品質が良く、どちらかというと玄人向きの風味ではあるものの、同じく晩生の「おくみどり」よりも飲みやすさがあり、一般の方でも違和感なく美味しく飲めるお茶ではないでしょうか?

個人的には、好きな品種の一つです。鹿児島県では、おくみどりを紅茶として仕上げる農家さんも見かけました。紅茶としても香りに優れ、飲みやすさがありました。

 

お茶の山麓園では、人気産地、知覧茶の「おくゆたか」を販売しています。価格的には安価ですが、品質に優れています。

知覧茶のおくゆたか

 

楽天やヤフーショッピングでも販売しています。単品購入よりも、福袋でセット購入の方がお得になっています。

・楽天市場 選べるお茶の福袋 送料無料  ・単品購入600円税別

・ヤフーショッピング 選べるお茶の福袋 送料無料  ・単品購入600円税別