あさつゆとは?天然玉露と称される品種の特徴と魅力

あさつゆとは?

あさつゆ(朝露)とは、お茶の品種の名前です。(京都府)宇治在来種から選抜され、1953年に品種登録されました。栽培面積は、日本の茶畑全体の1%ちょっとくらいなので、決して多くはありません。温暖な気候に適していることから、鹿児島県の南九州市(知覧茶)だけで、全体の約40%ほど生産されています。

品質と特徴

非常に濃厚なグリーン色が特徴のあさつゆ。

天然玉露とも称されるこの品種は、まずは、その水色に驚かされます。深蒸し茶にすると、抹茶のように非常に濃厚なグリーン色をしています。香りは独特で、プロなら飲まずともあさつゆとわかるほどに、特徴的な香りがあります。

味わいは、濃厚でありながら、渋みや苦みがほとんどなく、甘みが強いのが特徴であり、最大の魅力です。そのため、お茶通の方にあさつゆのファンやあさつゆを指名買いされる方が非常に多くいらっしゃいます。

 

 

現在も主要品種である、やぶきたと同じ1953年に品種登録され、古くからの煎茶用の高級品種のさきがけ…、というべき、当時から圧倒的に優れたお茶の品種だったでしょう。今でも、品種別評価試験、55品種中で堂々3位という実力です。(ニュービジネス報告書より)

深蒸し茶に仕上げると、葉が芽茶のように細かくなるのも、あさつゆならではで、茶葉が細かいのを気にされる方にはおすすめできません。

さえみどりとあさつゆの茶葉

 

 

 

 

また、品質の低い低価格のあさつゆは、渋みが少ない分、逆に味気のないお茶となります。また、味だけでなく、香りも安っぽいものになります。そのため、それらは、水色を良くするために、やぶきたのお茶などにブレンドされることがしばしばです。あさつゆ100%のお茶を買うときは、品質の高い茶葉、1000円以上の価格帯をおすすめします。

あさつゆは、知覧町の後岳産が特に有名です。山手で斜面に広がるのどかな茶畑をみることができます。後岳産は、鹿児島県の茶市場で取引されることがほとんどなく、流通が限られています。かつては、比類なき高級茶であり、名高い産地ブランドでしたが、近年は茶木が老いたのか、残念ながら以前のような品質ではなくなってきたような気がします。

知覧町後岳の茶畑

知覧町後岳の茶畑2現在は、このあさつゆを親とする品種が誕生しています。さえみどりは、その筆頭です。さえみどりは、あさつゆの良い特徴を受け継いだ非常に優秀な品種です。他にも、静岡県推奨品種である「つゆひかり」があります。さらに、さえみどりを親とするさえあかりという新しい品種も、あさつゆの特徴を受け継いだ有望品種と言えます。

あさつゆの後継 さえみどりについて

あさつゆの後継 つゆひかりについて

まとめ

このように、あさつゆは、何十年も優れた品種として君臨してきました。現在は、他にも良質な有望品種もでてきましたが、あさつゆの独特な香りは、あさつゆならでは。他にはありません。これからも、農家さんが良質なあさつゆを栽培し、高級品種としてあさつゆを楽しんでいけたらと願っています。

入手方法

あさつゆ(朝露)は、知られた品種ではあるものの、販売しているお店もそれほど多くはありません。

ネットなどでお取り寄せもお勧めです。

後岳産あさつゆ

 

知覧後岳あさつゆ 100g 1000円(税別)

楽天

ヤフーショッピング

amazon

 

セットでお得に買えるものもあります↓

あさつゆの入ったセット商品

 

品種別に選べて買えるセットです。100g×3個で2000円(税別)送料無料

楽天

ヤフーショッピング

 

 

他に特上品もあります。

単品 

セット

 

さやまかおりとは?どんなお茶?品種?

さやまかおりの特徴

 

さやまかおりは、埼玉県狭山市で「やぶきた」を自然交雑したものから選抜し誕生した品種です。

日本三大茶と言われる狭山茶の代表的な品種ながら、全国で広く栽培されています。

名前が「さやまかおり」なので、強い香気が特徴です。やぶきた茶よりも葉がしっかりして、形状も優れています。

味わいは、タンニンであるカテキンを多く含むため、しっかりとした味で渋めのお茶になります。

葉はやぶきたよりも厚めなので、火入(焙煎)は、強めで美味しく仕上がると思います。

平均価格は、あまり高い方ではないのでコストパフォーマンスに優れたお茶が多いでしょう。個人的には、同等な品質のやぶきたと比べて割安感がある場合が多いため、狙い目の品種と感じています。

参考:熊本県相良村産のさやまかおり

 

飲んでみたいと思われる方は、楽天市場やヤフーショッピングでも販売しています。

単品でも購入できますが、品種別に選べる上級茶福袋だと、お得に購入することができます。

 

単品購入(楽天)     100g 800円送料別

熊本産さやまかおり

セット購入(楽天)         300g 2000円送料無料

セット購入(Yahoo!)     300g 2000円送料無料

 

その他のお茶の品種

「おくゆたか」という品種は、どんなお茶?

おくゆたかの魅力と特徴について

 

「おくゆたか」とは?

お茶の品種の一つです。

栽培面積が全体の75%が「やぶきた」という品種ですが、次いで多いのが「ゆたかみどり」という品種。

ゆたかみどりは、温暖な気候で育つ早生品種として鹿児島県の代表品種として人気です。「おくゆたか」は、種子親の「ゆたかみどり」と花粉親の「F1NN8」と交配して誕生し、1983年に茶農林34号として品種登録されました。(「F1NN8」は「たまみどり」の選抜種です。)

親のゆたかみどりは、早生品種の代表ですが、おくゆたかは、逆で、やぶきたよりも6日ほど摘採適期(最適な摘むタイミング)が遅い中晩生の品種です。摘採適期が短いので、タイミングを外さないように積む必要があります。

「おくみどり」など「おく」と名前のつく品種は、中晩生、晩生の品種なのも覚えておくとよいでしょう。

面積当たりの収穫が多く、病気にも強いので、やぶきたと収穫期も異なることから、佐賀県をはじめ、推奨品種とされています。しかしながら、まだ、栽培面積が全体のほんの1%にも満たない希少な品種と言え、一般のお店などで見かけることはほとんどないでしょう。

親のゆたかみどりが、被覆栽培(かぶせ茶)に適し、深蒸し茶に向いている特徴は、おくゆたかも同じです。

・参考記事:ゆたかみどりについて

・参考記事:やぶきたやその他のお茶の品種ついて

 

おくゆたかのお茶の特徴

水色は、深蒸しにすると良好なグリーン色になります。葉も厚いので、あさつゆなどに比べると茶葉の形状も綺麗です。

ゆたかみどりと同じように、芳醇な香りが特徴です。主要品種のやぶきたとは異なった風味で、うま味も多く、後味がすっきりで爽やかなのが好感が持てます。

全体的に品質が良く、どちらかというと玄人向きの風味ではあるものの、同じく晩生の「おくみどり」よりも飲みやすさがあり、一般の方でも違和感なく美味しく飲めるお茶ではないでしょうか?

個人的には、好きな品種の一つです。鹿児島県では、おくみどりを紅茶として仕上げる農家さんも見かけました。紅茶としても香りに優れ、飲みやすさがありました。

 

お茶の山麓園では、人気産地、知覧茶の「おくゆたか」を販売しています。価格的には安価ですが、品質に優れています。

知覧茶のおくゆたか

 

楽天やヤフーショッピングでも販売しています。単品購入よりも、福袋でセット購入の方がお得になっています。

・楽天市場 選べるお茶の福袋 送料無料  ・単品購入600円税別

・ヤフーショッピング 選べるお茶の福袋 送料無料  ・単品購入600円税別

 

お茶の優良品種「つゆひかり」

つゆひかりとは?どんな品種のお茶?

宇治在来種で天然玉露とも称される「あさつゆ」と「静7132」を交配し、2003年に品種登録されたお茶の品種です。実は、品種登録前に既に優良であるとわかっていたため、2001年に静岡県茶奨励品種として採用されていた有望株でもあります。

つゆひかりの特徴

渋みが少なく、抹茶のように濃い水色になる「あさつゆ」が花粉親となっているため、つゆひかりも明るいグリーン色をしています。種子親の静7132は、やぶきたの自然交雑実生であるため、やぶきたのさわやかさがあり、あさつゆよりも飲み応えのある、しっかりとした味を楽しめます。茶葉は細めですが、あさつゆよりも粉っぽくなりません。多収性で品質もやぶきたと同等かそれ以上と言われています。

・あさつゆについてのページ

他に、似た品種として、やぶきたとあさつゆを交配させた「さえみどり」という品種もあります。静7132もやぶきたの自然交雑なため、姉妹品種か異母兄弟のようなところもあります。

生産量はまだ少なく、希少

栽培面積も年々増えて、80haを超えていますが、全体的には0.3%くらいとまだまだ希少な品種となっています。販売しているお茶屋さんも限られています。興味のある方、試してみたい方は、ネットで検索してみるとよいでしょう。

 

熊本産のつゆひかり

写真:2019年熊本産のつゆひかりの一番茶 参考価格100g 800円

楽天市場でも販売中

お茶の栽培面積75%はやぶきた種、なぜ「やぶきた」ばかりなのか?

お茶は、なぜ「やぶきた」が多いの?

 

タイトルに記したとおり、日本全国のお茶の約75%、静岡県に限っては約90%が「やぶきた」という品種です。

やぶきた種の写真 熊本県

やぶきたとは?

やぶきた種は静岡県で選抜された品種で、名前の通り、竹やぶの北に植えたものを「やぶきた」、南に植えたものを「やぶみなみ」と品種登録していたことが由来です。

それまで日本各地のお茶の木は、在来種で各地で品質や特徴に大きな違いがありました。というのも、お茶は同じ品種、同じ木では、受粉しにくい性質で、次に種ができるのは、違う品種とのかけ合わせになるわけです。それで、それまで全国では種から育つ統一性のない土着の在来種が主でした。そこに、非常に優秀だった「やぶきた」が発見され、挿木が始まりました。

なぜ、やぶきたが多いのか?

やぶきたの品種登録と栽培が始まり、国の推奨品種となったことで、全国に広がっていきました。現在でも大半がやぶきた種なのは、その理由からです。

お茶の品質は摘むタイミングにある

お茶の葉の品質は、芽の大きさ、収穫のタイミングによって決まるものです。

良質な茶は、一伸二葉または、三葉と言われるのは、このことです。

最適な摘採時期より数日遅れれば、葉は、硬くなり品質は大きく低下します。農家さんが一日で摘むことができる面積は限界があり、数日ですべての茶畑の新芽を摘み、それらをすぐに荒茶に加工することはできません。春先は雨の日も多いため(雨の日に摘んだ荒茶は、「雨葉と呼ばれ」品質が著しく低下する場合があります)止むをえず、摘めない日も出てきます。結果、大きく育ってしまった茶葉は、収量としては増えますが、品質や価値(単価)は大きく低下します。

そこで、やぶきたと比べ早生品種や晩成品種も栽培し、収穫時期をずらすことで効率よく、品質の高い茶葉を摘むということが推奨されています。

ゆたかみどりやさえみどりは、早生品種として品質が高く、晩成品種では、おくみどりやおくゆたかなどは、評価されています。

・佐賀県推奨の有望品種について

・ゆたかみどりについて

・さえみどりについて

・おくゆたかについて

当然 今後も、品種改良が進んでいきます。これまでも、推奨されてきたことです。

やぶきたの信頼性がやぶきた神話を作り上げた

なぜ、それでもやぶきたが、未だに7割以上を占めるのでしょうか?

やはり、それは、やぶきた種には、これまでの信頼性があるからです。

 

 

消費者の皆様は、毎日飲むお茶、ほぼ同じ味のお茶を、皆さんは気に入って飲まれます。

味が変わると、お客様が離れていくのではないかとお茶を製造するお茶屋さんは、味の均一化を図ろうとします。

やぶきたが多くの割合を占めるので、茶業者にとってみれば、やぶきたが信頼性も高く安心なのです。熊本の茶取引でも、茶葉(芽)の品質は同じくらいでも、やぶきたでない品種は、半分くらいの価格がつくこともあります。品種が変われば、火入れ具合や仕上げた際の味が想像と異なるなど、仕入れる茶業者にとってリスクが高まります。

一方、農家としても、やぶきたでないという理由でせっかく育てた茶葉が安値で買われてしまえば、面白くありません。

となると、やぶきたがいい!という結論になります。

このような理由から、やぶきた絶対神話がなかなか崩れないのです。

現在は、やぶきたよりも評価される「さえみどり」も登場しています。さえみどりは、数割高い値段で取引されています。渋みが強いお茶より甘みあるお茶が消費者にも受けが良く、評価されてきていますので、今後はやぶきたの割合も徐々に減ってくると思われます。

・品種別の価格差については、別ページで解説しています。

やぶきた種と日本茶のあるべき未来について

日本茶は、日本が誇る素晴らしい飲料であり、文化ではないでしょうか

昔は、飲み物は緑茶にほぼ限られた時代から、飲み物がコーヒー他様々なペットボトル飲料など多様化し、飲み物としての緑茶の割合は、低下しています。

それと同じように、「やぶきた」一辺倒な時代から、緑茶も多様性を発揮し、様々な緑茶の魅力を発信し、伝えていくことが、日本茶の発展につながると考えます。

日本茶は、味や美味しさだけでなく、特保や機能性表示食品もあります。健康飲料としてのアプローチも消費者にとってメリットとなることでしょう。

・緑茶の機能性表示食品の例 べにふうき茶 花粉症やアレルギー疾患に作用する

やぶきたは、今後も日本茶のベースとして存在し続け、一方で他の品種も日本茶の品質向上と多様性のためにうまく共存してほしいと期待します。

お安くて美味しいお茶を発売!鹿児島茶「恵」300gで1000円ポッキリ送料無料!!

2019年6月27日、鹿児島茶 「恵」を新発売。

鹿児島茶恵とは?

 

お茶は自然の「恵(めぐみ)」であること、そして、親しみやすいお茶であってほしいということで、「鹿児島茶 恵(めぐみ)」と名付けました。

100g×3個入りをなんと、1000円(税込)ポッキリ、送料無料でお届けいたします。

鹿児島茶が3個(300g)で1000円(税込)送料無料。ネット販売で最安級です。

お客様の求めるものを形(製品)に

これまで、もっとお手頃価格のお茶が欲しい!3個で1000円だったらいいのに…と、お客様からのご意見が寄せられておりました。

しかし、包装資材や運賃他、様々なコストが近年どんどん上昇し、店舗としてもお安く販売するのが難しい時代となってきました。

そして、これまで「一番茶以外は販売しない」というのが当店のこだわり、方針でございました。

 

年金問題や、実質賃金の低下などが問題となっている昨今、多くのお客様が望んでいることは、普段飲むお茶としてお安く美味しいという点でしょう。

ここは皆様が求めている品をご提供することが、お茶屋としての皆様のお役に立てることで、責務ではないかと考えました。

そこで、二番茶を扱うことを決意。ただし、看板にかけてまずいものを出したくないというところは譲れません。店主の納得したクオリティーのお茶を提供するという点は、これまで通り続けてまいります。

  • 鹿児島茶 「恵」の特徴二つの品種をブレンド

・鹿児島県は、温暖な気候を生かして、(やぶきた(お茶の品種)の依存度が低く)様々な品種が栽培されています。近年人気な「さえみどり」は、甘みが強く、苦みの少ない品種鹿児島県の代表品種というべきゆたかみどりは、香りが強く、コクのがあります。この二つの品種の二番茶をバランス良く配合し、濃厚ながら甘く美味しいお茶に仕上げました。

低温で淹れると甘みが増し、高温になると苦みも若干あって飲み応えのあるお茶になります。初心者の方でも、うまく淹れることができますのでご安心ください。

夏は、水出しされると美味しく飲めます。

  • こんな方におすすめ

・毎日飲むので、コストを下げたい方

・サッと簡単に淹れることができるお茶をお探しの方

・初心者の方

・冷茶をつくられる方

・すぐに欲しい方

※参考:お茶を淹れる温度について

お茶の入れ方、作法について

 

  • ご注文方法

店頭でも買うことができますが、楽天市場、ヤフーショッピング、amazonでも販売しています。

鹿児島茶 恵 楽天市場

鹿児島茶 恵 Yahoo!Shopping

鹿児島茶 恵 amazon

 

  • 配送包装

ネットショップでお買い求めの場合は、ネコポスで発送致します。

通常午後3時くらいまでにご注文いただければ、即日発送致します。

ネコポスでの配送になります。大坂や中部地方の一部は翌日、関東、東北北海道は翌々日に到着予定です。

いずれも配送料は無料です。

 

お茶の山麓園店主が自信をもって、2019年に発売いたしましたが、今後も皆様のご意見を聴衆しながら改善を繰り返して、よりお役に立てる商品のご提供に尽力したいと思っております。よろしければ、レビューなどでご感想をいただけましたら、幸いでございます。

 

今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

さえみどりがお茶の中で最も高級?! 品種別に検証しました

さえみどりが高価で高級な品種である理由

 

やぶきたが最もメジャーな品種で全体の75%を占める

お茶の生産量が日本一の産地である静岡県。実は、静岡県では90%以上が「やぶきた」という品種を生産しています。静岡県で発見され、生産性が安定し香味に優れた品種であることから、1955年に静岡県の推奨品種になったことがきっかけです。やぶきた種は全国的にもその後急速に広まり、現在では生産量の75%を占める言われています。

・栽培面積が最も多いやぶきたについて

しかし、お茶の品質は摘むタイミングが重要で、一度に収穫できる量も限られていることから、早生品種や晩成品種なども推奨され、また、嗜好品であるため味わいの多様性も必要なことから、様々な品種が存在しています。

登録品種だけでも72種以上あり、品種改良によって優良品種も多く誕生し、やぶきた以外の人気品種も増えてきました。

図2-4-15 茶園面積の品種別割合(平成24(2012)年度)

 

品種別に平均価格を検証

そこで、どんなお茶の品種が消費者にとって価値が高いか?ということをテーマに検証してみました。お茶を買う時の目安にしていただければ、幸いです。

先程、説明のとおり、静岡県はやぶきた種が圧倒的に多いため、第2位の生産地であり、やぶきた種の依存性の低い鹿児島県のデータを元に主要7品種の価格差を調査しました。

品種名 令和元年(2019年) 平成30年(2018年) 2年間平均
ゆたかみどり 129% 111% 120%
さえみどり 187% 153% 170%
あさのか 124% 113% 119%
あさつゆ 126% 116% 121%
やぶきた 100% 100% 100%
かなやみどり 80% 82% 81%
おくみどり 119% 131% 125%

*上の表はやぶきた種を100とした場合の価格の割合です

年度によって茶品種の出来具合(品質差)や相場(収量と需要)が異なるため、2018年と2019年産の一番茶で比較しました。

さえみどりが最も高値で取引されている

「さえみどり」が2018年~2019年の2年平均(一番茶)でやぶきたと比べて170%の平均価格となっていることから、最も高値で取引されている品種であることがわかります。次いで2年平均が125%である「おくみどり」、そして「あさつゆ」、「ゆたかみどり」、「あさのか」は2年平均にすると、ほぼ同じで120%前後となっています。

逆に「かなやみどり」は81%と大きく安値で取引されていることがわかります。

価格価値は、希少性や需要によっても大きく変わるため、価格=品質と同じというわけではありませんが、やぶきたの1.7倍のさえみどりが群を抜いて高価な品種と言えます。ある機関の報告書でも55品種中で「さえみどり」が最も高い評価を得たことから、価格価値と品質価値において高価で高品質な品種と言えるでしょう。

右:さえみどりと左:あさつゆの茶葉の画像

意外なことに、天然玉露と呼ばれる「あさつゆ」が生産量の多い「ゆたかみどり」と同額なのは、老木化が原因の一つと考えられます。残念なことに、年々「あさつゆ」の品質の低下を感じられます。

・高級品種さえみどりについて詳しい情報

・鹿児島県代表品種ゆたかみどりについて詳しい情報

・天然玉露と呼ばれるあさつゆについて

 

その他の有望品種

このほかにも、「つゆひかり」「さえあかり」「きらり31」他、優秀な新品種が多く誕生してきていますが、まだまだ生産量が十分でなく、比較できるほどの収量でないため、これからに期待です。さえみどりを親にもつ品種も増えてきているため、「さえみどり」を超える新品種となるかが楽しみです。

以上、どんなお茶の品種が最も高価なのかの検証でした。

*表のデータは、品種の多様性のある鹿児島県に限定していて、全国版ではないこと、最新の2年間という期間の短いデータであることは、ご留意ください。また、高価なお茶をテーマとしているため、2番茶以降のデータや比較はありません。

八十八夜摘みとは?新茶について

八十八夜摘みとは?

例年は5月2日が八十八夜

年が明けて八十八日目が八十八夜。例年なら、5月2日、閏年(うるうどし)の場合は、5月1日が八十八夜になります。

この時期は、全国的に新茶の最盛期にあたり、生産量も多く、品質的にも優れた新茶が摘まれると言われています。また、八十八夜の「八」という文字は、末広がりということで、縁起物としても知られています。縁起ものなのでプレゼント、ギフトとして人気です。

・↑茶摘みの歌:夏も近づく八十八夜…

茶摘みの最盛期

実際のところ、産地や品種によって、お茶の最盛期は異なり、その年の気候によって1週間から2週間ほど隔たりがあることから、八十八夜は一つの目安という考え方が正しいと思います。

日本一の産地(市町村)と知られる南九州市は、早生品種のさえみどりゆたかみどりは、4月10日~4月20日くらいに最盛期を迎え、八十八夜を迎えるころにはにほとんど摘み終わっています。また、早いほど若芽で摘むことから低収量で品質が高く、芽が大きくなると品質は低下し、収量も増加します。高品質な茶葉は、一芯二葉、または三葉で摘み、機械で深摘みすると、収量は増えますが、品質は低下します。

品種の違いについては別ページで解説しています

一般的に、八十八夜摘み(5月2日)は、日本一(県別)の産地である静岡県のやぶきた種が収量と品質面で優れたお茶が摘まれる時期ということでしょう。

・やぶきた種について

数年後には、鹿児島県が日本一の茶の生産地になるかもと言われているので、八十八夜ではなく、七十七夜と言われるようになるかもしれません。77も縁起の面では問題なさそうですね。

・2019年、鹿児島県が日本茶生産量1位になるかも?

また、多くの人が手で八十八夜にお茶を摘むと思っている方が非常に多いのですが、スリランカなどの紅茶や中国茶の産地と違い、日本国内では、手摘みは観光などのパフォーマンスを除いてほとんどありません。人の手による茶摘みは、非常に重労働で効率が悪く、採算性がないので、現代ではほとんど行われておりません。(手で摘むと他の茶畑を摘む時間が無くなり、最適な摘採時期を逃してしまう)

 

まとめ

八十八夜摘みは、5月2日頃に摘まれるお茶のこと。お茶の最盛期と言われているけれど、その年の気候、産地や品種によって最盛期が変わるため、一概にすべてのお茶の最盛期とは言うことができない。手で摘んでいると思われ勝ちだけれど、実際は機械で摘まれている。縁起ものなので、プレゼント、ギフトに喜ばれます。

 

花粉の舞う季節におすすめのお茶 べにふうき茶!

2月~3月に入ると爆発的に売れる「べにふうき茶」

まずは、べにふうき茶の特徴と抑えておくポイントををご紹介!

  1. べにふうき茶は、花粉症やアレルギー症状に効果あるとされている。
  2. べにふうき茶は、元々は日本で誕生した紅茶用の品種である*(今は紅茶だけでなく緑茶として流通している)
  3. 苦みがある。
  4. 緑茶でないと効果がない。
  5. 他の健康効果も普通の緑茶より期待できる。

紅茶と緑茶の違いについて

べにふうき茶の抗アレルギー作用

1の花粉症などのアレルギー症状については、1999年の研究で明らかになりました。その後、多くの試験でべにふうきの緑茶に含まれる「メチル化カテキン」が有用であることが証明されています。

アレルギーとは?アレルギーが起こる理由

アレルギーとは、食物、花粉やハウスダストなどの成分に、本来 体を守る免疫機能が過剰に反応することで起こります。

主にヒスタミンという成分が放出されることで、体のあちこちで炎症が起こり、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、蕁麻疹や皮膚炎などの原因となります。

 

べにふうき緑茶の効果・作用

べにふうきが注目されるのは、このヒスタミンの放出を抑制することでアレルギー反応を軽くしてくれることです。

メチル化カテキンは、べにふうきなどの緑茶の天然成分なので、アレルギー薬と一緒に飲んでも大丈夫で、薬の補完効果としても期待されています。

 

紅茶用の品種であったべにふうき

2.べにふうきは、紅茶用の品種でした。べにふうきは、普通の緑茶とは異なった香りがします。お茶の原種には、中国種とアッサム種があります。栄西法師が中国から緑茶の苗を持ち寄り、栽培が始まった日本茶は、もちろん中国種となります。一方、アッサム種は、中国から紅茶を大量買いしていたイギリスが、インドを植民地化した際に発見した自生種で、その後の紅茶プランテーションのきっかけとなっていった品種です。アッサム種と中国種は、木や葉の大きさもずいぶんと違い、味や香りもかなり異なったタイプのお茶です。

べにふうきは、そのアッサム種(インド)の系統の「べにほまれ」と、登山の際にヒマラヤから持ち帰った「枕Cd86」という品種から誕生しました。アッサム色の強いお茶です。

べにふうきの特徴、味について

3.べにふうきの緑茶には、苦みがある。

先ほど説明したアッサム種は、タンニンが多く含まれます。つまり、そのままだと苦み、渋みが強いということです。

 

 

 

4.アッサム種は、酸化発酵しやすく、緑茶にすると苦みが強いということで、紅茶向きです。アッサム系統のべにふうきも、味わい重視なら同じく紅茶向きの品種です。紅茶に仕上げることで、強い苦みと渋みのカテキン類が、酸化し、テアフルビンやテアルビジンなど紅茶特有の苦みが少なく香り高い成分に変化します。もちろん、メチル化カテキンも酸化して変化します。つまり、メチル化カテキンは、なくなってしまします。

5.メチル化カテキンだけが、なぜ、アレルギー症状を軽減するのかというと、通常の緑茶のカテキンと比べて、約6倍 体に吸収され易く、長い時間血液中に残るため、カテキンの効果の一つであるヒスタミンの放出を抑制する効果が大きくなるということです。

カテキンには 脂肪の蓄積を抑制する作用や、抗がん作用、抗酸化作用など、私たちの健康や美容に役に立つ効果があります。メチル化カテキンは、通常のカテキンよりも多く、かつ長く血液中に残ることで、健康や美容の効果が高まると期待されています。

 

機能性表示食品として販売されるべにふうき緑茶

現在は、機能性表示食品として販売されているものもあり、健康効果に確たる信頼性もあります。花粉症などのアレルギー症状は、目のかゆみや鼻水で仕事中の集中力を低下させ、仕事のパフォーマンスに影響し、くしゃみや不快感で快適な生活をおくることに支障をきたします。このような中で、べにふうき茶は、多くの方が利用し、悩みを解決でき、たいへん喜ばれています。楽天やヤフーの商品レビューを見ていると、販売している私たちもお役に立ててよかったと本当に思います。

この季節 花粉症などのアレルギー症状でお悩みの方は、一度お試しいただけたら幸いです。100%とは言いませんが、研究論文の話だけでなく、当店でお買い上げの大半の方が効果を感じるまでに至っています。

ワンコインで一度お試しいただけるので、おすすめです。

詳しいべにふうき茶の効果や詳細については、別ページでも解説していますので、詳しくはリンクしています説明をご覧ください。

べにふうき茶の効果を知れば知るほど、飲みたくなる!!そんなお話でした。

 

機能性表示食品のべにふうき茶販売ページ(楽天)

機能性表示食品のべにふうき茶販売ページ(ヤフーショッピング)

・機能性表示食品のべにふうき茶販売ページ(amazon)