2021年の春は、べにふうき茶が不足する公算が大きい?!

2021年の春先には、べにふうき茶が不足する?!

2021年の花粉飛散予想

日本気象協会によると、2021年のスギ花粉、及びヒノキ花粉の飛散量は、全国的に昨年よりも多く、例年よりは少ないとの予測が発表されています。

エリア別(昨年比)では、中部、北陸、四国などが非常に多い、関東~南東北までが多い~やや多い、関西圏も多いようです。逆に北海道や北東北は少ないようです。

全体的に昨年よりも大幅に多いわけではありませんが、べにふうき茶の需要も若干上がる可能性があります。

2021年 春の花粉飛散予測(第1報)

 

2020年のべにふうきは、ほぼ刈り捨てられた?!

べにふうき茶 茶葉の写真

鹿児島県、及び全国で記録的な減産が続きました。過去最悪級の天候不順で、一番茶が少なくなったことも大きいですが、そのあとの二番茶は、コロナウイルスの影響で買い手がいなくなり、各地で生産調整、お茶が刈り捨てられる事態となりなりました。二番茶が最も早く始まる鹿児島県では、何割も安いか半値くらいで取引されるようになり、大幅な生産調整が入りました。それを見た他の産地では、値段がつかない事態を回避するため、ほとんどの取引を中止にした地域も。

関連記事:2020年お茶の生産量

べにふうき茶については、元々、鹿児島県でも栽培面積が全体の0.5%以下で希少な品種茶であることと、年々減少の傾向にあることから、入手が難しい品種です。

さらに、べにふうき茶は、メチル化カテキンの多い二番茶が最も需要が高く、しかも遅摘みなのもあって、間の悪いことに、もろに生産調整の対象となりました。

弊社でも必死に確保に走りましたが、結局昨年と比べて、たったの十分の一程度の量しか手に入りませんでした。三番茶に多少期待しましたが、鹿児島茶市場に上場が少なく、手に入れることはできませんでした。

まだしばらく販売可能な在庫はあるものの、このままでは最も需要の高い2月~4月上旬には在庫が不足する見込みとなっています。売れ切れを起こすとお客様にご迷惑をおかけすることになるので、どうにか調達を試みるほかありませんが、べにふうきの在庫が少ないのは弊社だけでなく、どこも同じだと思われるため、難航が予想されます。

まとめ

2021年は、2020年春よりも花粉の飛散量が増えるため、べにふうき茶の需要も下がることはないと予想されます。

結論としましては、毎年お求めの方や確実に欲しい方は、市場から在庫がなくなる前に少し早めに購入いただいた方が良いかもしれません。

 

関連記事:べにふうき茶について 花粉症にお悩みの方にオススメ!

 

花粉症に効果のあるべにふうき茶 高機能品種茶 福袋
機能性表示食品 べにふうき茶 100g 499円 送料無料 知覧茶の粉末緑茶50g×3袋 1500円 送料無料 べにふうき茶 リーフ100g/ 粉末40g 選択可 399円 3個以上送料無料 高機能品種茶福袋 100g×2袋 1080円 送料無料