お茶のイメージ
このエントリーをはてなブックマークに追加

お茶のカテキンは、利尿を促進し高血圧を予防・改善効果がある!

高血圧症は大きなリスク

 

***高血圧症は日本でも身近で大きな問題となっている***

血圧の高い高齢者

高血圧症の患者は日本に4200万人、国民3人に1人が高血圧症といわれています。さらに0歳以上の場合は、男性で60%、女性で45%と割合が高くなっています。

アメリカでは心臓発作、心筋梗塞などで亡くなる方が最も多く、日本でも年間20万人(2番目に多い死因)と他人事ではありません。

高血圧が心筋梗塞他様々な病気を引き起こす原因となっていますが、血圧が基準値以上の方は、5mmHg下がるだけで冠状動疾患が9%、脳卒中が12%のリスクが減少するといわれています。死亡リスクは4%減少します。

このように、血圧が高い方は、極めて生命のリスクが高いという結果がでています。

多くの方は、高血圧の薬を服用していますが、高血圧の薬は、飲み始めたら一生続ける必要があると言われています。高血圧の原因を治療するのではなく、単に血圧を下げる薬だからです。

出来れば薬に頼らず、日常生活で高血圧を予防や改善に役に立つ食品はないのでしょうか?

 

そもそも高血圧の原因とは?

血圧の仕組み

血圧=血液量×抵抗(血管の通りやすさ)

血圧とは、上の式で成り立っています。

つまり、血液の量が増加するか、血管が収縮したり、動脈硬化などで血管の内壁が狭くなったりするなどが原因で血圧が上昇し高血圧症となるのです。

血圧があがると危険なのはお話ししましたが、血管に圧力がかかれば、ヒビがはいったり、破れてしまったりなどの危険性が大きくなります。

では、下げるためにはどうしたら良いかというと、逆に血液量を減らすか、血管を拡張するなど血管の通りを良くすると血圧は下がります。

血圧は血液量と抵抗

 

高血圧の方必見! お茶の血圧を下げる効果

血管の酸化を防いで高血圧を予防する(動脈硬化予防)

動脈硬化予防のページで説明しましたが、脂質の多い食品やストレスなどで活性酸素が増えると、プラーク(ゴミ)が溜まり血管の通りが悪くなります。また、血管の柔軟性も失われていくため、圧力が高まり高血圧になります。
緑茶のカテキンは、動脈硬化を予防することで高血圧を防ぎます。

 

血液量を減らす=利尿作用

風船に水を入れ続けると圧力が高まります。人間の体重の60%は塩水なので、風船と同じように人間も水を飲んで排尿しなければ、血圧が飲んだ水の分だけ上昇します。

通常は、飲んだ分だけ排出して、血液の塩分(イオン)バランスを一定にするように身体はできています。

しかし、塩分の高い食事をとっている方は、血液中の塩分(ナトリウム)濃度が高くなります。さらに腎臓で塩分が再回収が起こり塩分が体外に排出される機能が低下します。その結果、塩分濃度を一定に保つため、水の排出を抑えて血液の量が増加して血圧が上がります。

そこで血圧を下げるために重要なのが、血液量を減らすこと。

そのためには、腎臓の働きが重要。腎臓が塩分を回収しないようにして、たくさん尿または発汗で体液を排出すれば、血液量も減って血圧が下がります。

お茶やコーヒーに含まれるカフェインは、血管を広げて(これだけでも血圧を下げる効果もありますが)腎臓が塩分を再回収するのを防いで塩分濃度を下げる効果と、腎臓の血流が増えることで排尿の量や回数を増やすあるのです。

腎臓の働きが強化され単純に尿の量がふえるというのと、ナトリウムの再回収を止めると血液の塩分濃度が下がります。そうすると、余った水分を身体が排出してくれます。←これが利尿作用です。

お茶やコーヒーを飲むとトイレが近くなるのと、緊張した時におしっこに行きたくなるのは、この利尿作用と実は同じ原理だそうです。

さらに言えば、アルコールも交感神経を高めるので、利尿作用は同じです。しかし、アルコールの場合は血管が収縮するので、高血圧の原因になったり、飲んだ以上に出てしまうため脱走症状になったりする場合もあるので注意が必要です。

カフェインは眠れないとか交感神経が高まるとか色々と悪いことばかり言われて、体に毒なイメージがありますが、実は非常に役に立っている側面も多いのです。

特にお茶に含まれるテアニンはカフェインの興奮作用を抑えてくれる効果があるので、正しく飲めば眠れないなどの心配はないといわれています。

 

ケルセチン

お茶の特定の品種(そうふう、さえみどりなど)には、玉ねぎで知られるケルセチンを多く含みます。

ケルセチンは、カテキンと同様の抗酸化作用で高血圧予防の効果がありますが、さらにもう一つの作用があります。血管を収縮させ、さらに腎臓の塩分回収(塩分濃度を高める)を促進して血液量を増加させる機能の「アンジオテンシンII」という物質があります。ケルセチンは、「アンジオテンシンII」を増やさないようにすることで、高血圧を防ぐ効果があるのです。

*血圧を下げる医薬品にも、ケルセチンの作用と同様にアンジオテンシンIIに変換する酵素(ACE)を阻害するものや、アンジオテンシンIIが受容体に結合するのを阻害する働きのものがあります。

 

まとめ

このように、高血圧は大変危険な疾患です。

普通は病院で薬をもらって対処すると思います。ですが、医薬品は血管を拡張したり、利尿を良くして血圧を下げてくれますが、止めると元に戻るので根本の原因を治療するものではなく、ずっと飲み続けなければなりません。しかも、副作用もあります。

そこで、まず心がけてほしいことは、塩分を控えた食生活をおくること。血液中の塩分濃度が減ることで血液量が減り、血圧も下がります。

そして、適度な運動をすること。ウォーキングなどの体全身を使う有酸素運動が良いとされています。血圧が5~7mmHG下がるそうです。また、最新の研究では筋トレでも、有効ということがわかってきています。

そして、お茶を飲むこと。お茶のカフェインの利尿作用が血圧を下げることに加えて、動脈硬化や血管がもろくなることを防ぎ脳卒中や心筋梗塞などの大きなリスクを減らしてくれます。

健康は、生活習慣で大きく変わってきます。お茶を飲んで健康的な生活を目指しましょう。