お茶のイメージ
このエントリーをはてなブックマークに追加

緑茶の美容効果

***美肌効果、日焼け、肌の老化防止***

 

紫外線は老化の一因

 

ふと、郷ひろみさん達がテレビで、若さの秘訣は「日焼けしないことです」とおっしゃっていたのを思い出しました。

近年の研究では、年齢による皮膚の老化よりも、紫外線に当たることで老化する要因の方が大きいことがわかってきています。

顔の皮膚よりも日のあたらないワキやお尻の部分の方が確かに若く見えます。 では、紫外線をどう防ぐか?

肌の日焼け

実は、お茶のカテキンはかなりの日焼け防止効果があるのです。市販の緑茶成分が入ったローションや化粧品が夏に人気なのもこのためです。実は、塗るだけでなく飲んでもOK. 紫外線の肌への侵入を防ぎ、メラニンの生成を防ぐことでシミ、そばかすを予防します。

 臨床試験では、緑茶を飲むグループと飲まないグループに同じ量の紫外線を当てたところ、飲んだグループは25%日焼けが少なかったという結果がございます。(オーストラリアの臨床試験)

 

シミ、ソバカス

また、レモンの4倍も多いビタミンCはコラーゲンの生成作用があり、肌にハリをもたらし、シワ対策に効果的です。

 ↓下の図は肌の断面。コラーゲンが少なくなることで皺になる様子です。

肌の断面図 コラーゲン低下による皺

 よく緑茶を飲む人は肌が綺麗といわれるのは、きっとこれらの効果が現れているからなのではないでしょうか?
 

*** 酸化が老化の原因 ***

老化の大きな原因として、細胞の酸化が大きな要因と考えられています。鉄パイプが錆びれば、強度ボロボロは低下し、詰まったり、見た目も悪くなります。人間の細胞にも、艶がなくなったり、皺が増えたり、血管が詰まったりと同じことがいえるということですね。

錆びた鉄

 

人の細胞の酸化は、活性酸素によるものです。もちろん人の細胞自体にも活性酸素から防ぐ働きがあるのですが、抗酸化成分のある食品を積極的に取り入れることで、その働きを強化することができます。

 

抗酸化食品

***お茶の抗酸化作用***

 

食品の一括表示(原材料)に酸化防止剤に「ビタミンC」と書かれているのをよく見かけます。ビタミンCには抗酸化作用があるためです。「ビタミンC=抗酸化物質」とか「肌の老化防止に効きます」と大きな声で公言しても、薬機法(薬事法)違反にならない、厚生省お墨付きの効果なんです。

ビタミンC

 

もちろん前述のとおり、緑茶にもビタミンCは多く含まれますので、ビタミンCの抗酸化作用も期待できます。

しかし、それだけでなく、緑茶のカテキン、特にエピガロカテキンガレード(EGCG)というカテキンの一種には強力な抗酸化作用があるんです。なんと前述のビタミンCやビタミンEの数倍から数十倍の抗酸化作用があるそうです。植物のポリフェノールなかでも最も強力と言われています。

 

色々と抗酸化作用のお茶が売ってあったりするけれども、結局は緑茶を飲めばいいのだ…。という結論です。

 

私もお茶屋だからというわけでなく、アンチエイジングに興味があるので、それが目的でコツコツと緑茶を飲んたりします。

体にいいとわかれば、もっと飲みたくなるし、より美味しく感じるものなんです。

 

抗酸化作用が強い緑茶

参考文献

参考文献:British Journal of Nutrition,

    :緑茶と健康のメカニズム 機能効用ナビゲーション2013