2019年 鹿児島新茶の生育情報!

鹿児島茶の発取引日が決定致しました。

2019年4月5日です。

昨年(2018年)は、初取引(入札)の時には、急激に新茶が生長し、予想よりも大量の新茶がどんどん出荷される事態となりました。一昨年(2017年)は、逆に初取引にほとんど新茶が出てこない状況でした。なかなか予想通りの展開とならないのも、自然が相手の農業の難しさです。今年は、おそらく初取引時には、あまり出そろってはこないと思われますが、今のところ無難なタイミングになっている印象です。

 

現在(2019年3月22日)の新茶の生育状況では、知覧で昨年よりも5日遅れと発表されています。産地と品種別に生育状況が違うのですが、全体を見たところ、種子島、屋久島、その他離島などは、特に遅れている(7~10日程度)印象です。品種的には、一概にいうことはできないのですが、「さえみどり」よりも「ゆたかみどり」が遅れが大きいようです。通常はゆたかみどりが若干早いのでさえみどりは、ほぼ同時に最盛期を迎える模様です。やぶきたも結構遅れそうですね。

最盛期は、鹿児島本島、最南端の大根占(おおねじめ)で4月13日、知覧、頴娃(えい)、枕崎で15~16日の予想です。

いずれにしても、今後の天候次第になります。

夜に雨が降ったり、気温が上がると、どんどん伸びるので、状況は変わってきます。

天気予報を見ると、4月24日から27日にかけて最低気温が4~6℃となっているので、山手の方は霜害が心配です。

今年も順調に生育が進んで、皆様に美味しい新茶がお届けできることを祈ります。

 

新茶をお求めの方は、ご予約がおすすめです。新茶は荒茶の加工等にも時間を要するので、当店でも4月15日くらいからお店に並ぶのではないかと思っています。

売り出し日は、まだ決まっていませんが、昨年(19日)よりも遅れると思います。

当店でもご予約を承っておりますので、ご希望の方はお問い合わせください。

電話:096-378-7165(am9:30~pm7:00)

 

熊本のお茶の産地についてーブランドが確立していないのが残念なところー

熊本県は、あまり知られてはいませんが、全国で4~8位の茶栽培面積の大きい産地です。(昔は4位、他の産地よりも減少幅が大きくなっています。)

全国の茶栽培面積について

日本茶の主流である煎茶に対して、玉緑茶(通称:ぐり茶※)の主な生産地となっています。 ※曲がった形状の茶葉が特徴

さらに、釜炒り茶生産量も全国で2位。

しかし、熊本が全国的にもお茶の一大産地であることは、あまり知られていません。ネットでお茶を販売していて思うことが、熊本でお茶を生産していることを知らない人が多いということ!九州という土地が、北は八女茶、嬉野茶、南は知覧茶を擁する鹿児島茶といった有名産地に囲まれているからでしょうか?

ですが 根本の原因は、産地ブランドが確立されていないことと思うのです。

熊本の人は「肥後もっこす」といい、日本三大頑固として知られています。

肥後もっこす

県民性として、良く言えば 個性が強い、悪く言えば まとまった行動が苦手な人が多いです。

よって、お茶の産地ブランドも数多く地域ごとでバラバラ。お茶の特徴も地域、組合や個人単位で違います(品質が悪いわけではない)  一方、嬉野茶は、嬉野市や佐賀県のお茶だけでなく、長崎県のお茶の一部も嬉野茶ブランドとして、特徴がかなり統一されています。

 

おそらくこのような結果をみるに

熊本県内でも矢部茶、岳間茶、人吉茶くらいしか、産地ブランドして認知されていないのが現状ではないでしょうか?

矢部、岳間(山鹿)にしろ、江戸時代前期に藩主細川家の献上茶となったこと、人吉相良藩も幕府に献上品や年貢として納められてきた経緯があります。

つまり、現在の良く知られている産地ブランドこそ、昔からの産地そのものなのです。デパートで主にそれらが産地ブランドとして販売されていることにも起因すると思います。

しかしながら、熊本で最も生産量が多いのは球磨地方で、他にも、芦北や水俣、菊池、宇城他、県内全域で多くの良質なお茶を生産しているにもかかわらず、あまり産地ブランドが育っていません。

 

例えば、「芦北のお茶です」と説明すると 多くのお客様が??となり、購入には至りません。「水俣のお茶です」と言うと、水俣病とお茶は全く関係ないのに敬遠されてしまいます。やはり、知っている産地でないと、まずいかも?と不安になり、買う気が起きないのではないでしょうか…

それぞれの産地で良いお茶を生産しているのに、非常にもったいない!!!

熊本は、ぐり茶の産地で、煎茶と形状の違うぐり茶は、あまり他県には流通しません。他で主流の煎茶とブレンドできないからです。よって県内消費のお茶となりがちです。そのせいもあって、生産量が熊本地震よりも前からどんどん減ってきています。

(煎茶も もちろん生産していますが、大半は八女(福岡)の業者さんが買い付け、ぐり茶は熊本県内の業者さんが買い付ける感じです。煎茶として生産されたお茶の多くは、熊本のお茶ブランドとしては、販売されないでしょう。)

もっともっと産地のブランドを確立していかなければ、熊本のお茶は売れないし、茶産業も発展しないと考えました。

そこで、少しでも産地の情報や解説を発信することで、産地のブランディング力を上げることに貢献し、皆様に各地域のお茶の特徴と良さを知っていただける試みとなればと思っています。

 

 

 

 

 

花粉の舞う季節におすすめのお茶 べにふうき茶!

2月~3月に入ると爆発的に売れる「べにふうき茶」

まずは、べにふうき茶の特徴と抑えておくポイントををご紹介!

  1. べにふうき茶は、花粉症やアレルギー症状に効果あるとされている。
  2. べにふうき茶は、元々は日本で誕生した紅茶用の品種である*(今は紅茶だけでなく緑茶として流通している)
  3. 苦みがある。
  4. 緑茶でないと効果がない。
  5. 他の健康効果も普通の緑茶より期待できる。

紅茶と緑茶の違いについて

べにふうき茶の抗アレルギー作用

1の花粉症などのアレルギー症状については、1999年の研究で明らかになりました。その後、多くの試験でべにふうきの緑茶に含まれる「メチル化カテキン」が有用であることが証明されています。

アレルギーとは?アレルギーが起こる理由

アレルギーとは、食物、花粉やハウスダストなどの成分に、本来 体を守る免疫機能が過剰に反応することで起こります。

主にヒスタミンという成分が放出されることで、体のあちこちで炎症が起こり、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、蕁麻疹や皮膚炎などの原因となります。

 

べにふうき緑茶の効果・作用

べにふうきが注目されるのは、このヒスタミンの放出を抑制することでアレルギー反応を軽くしてくれることです。

メチル化カテキンは、べにふうきなどの緑茶の天然成分なので、アレルギー薬と一緒に飲んでも大丈夫で、薬の補完効果としても期待されています。

 

紅茶用の品種であったべにふうき

2.べにふうきは、紅茶用の品種でした。べにふうきは、普通の緑茶とは異なった香りがします。お茶の原種には、中国種とアッサム種があります。栄西法師が中国から緑茶の苗を持ち寄り、栽培が始まった日本茶は、もちろん中国種となります。一方、アッサム種は、中国から紅茶を大量買いしていたイギリスが、インドを植民地化した際に発見した自生種で、その後の紅茶プランテーションのきっかけとなっていった品種です。アッサム種と中国種は、木や葉の大きさもずいぶんと違い、味や香りもかなり異なったタイプのお茶です。

べにふうきは、そのアッサム種(インド)の系統の「べにほまれ」と、登山の際にヒマラヤから持ち帰った「枕Cd86」という品種から誕生しました。アッサム色の強いお茶です。

べにふうきの特徴、味について

3.べにふうきの緑茶には、苦みがある。

先ほど説明したアッサム種は、タンニンが多く含まれます。つまり、そのままだと苦み、渋みが強いということです。

 

 

 

4.アッサム種は、酸化発酵しやすく、緑茶にすると苦みが強いということで、紅茶向きです。アッサム系統のべにふうきも、味わい重視なら同じく紅茶向きの品種です。紅茶に仕上げることで、強い苦みと渋みのカテキン類が、酸化し、テアフルビンやテアルビジンなど紅茶特有の苦みが少なく香り高い成分に変化します。もちろん、メチル化カテキンも酸化して変化します。つまり、メチル化カテキンは、なくなってしまします。

5.メチル化カテキンだけが、なぜ、アレルギー症状を軽減するのかというと、通常の緑茶のカテキンと比べて、約6倍 体に吸収され易く、長い時間血液中に残るため、カテキンの効果の一つであるヒスタミンの放出を抑制する効果が大きくなるということです。

カテキンには 脂肪の蓄積を抑制する作用や、抗がん作用、抗酸化作用など、私たちの健康や美容に役に立つ効果があります。メチル化カテキンは、通常のカテキンよりも多く、かつ長く血液中に残ることで、健康や美容の効果が高まると期待されています。

 

機能性表示食品として販売されるべにふうき緑茶

現在は、機能性表示食品として販売されているものもあり、健康効果に確たる信頼性もあります。花粉症などのアレルギー症状は、目のかゆみや鼻水で仕事中の集中力を低下させ、仕事のパフォーマンスに影響し、くしゃみや不快感で快適な生活をおくることに支障をきたします。このような中で、べにふうき茶は、多くの方が利用し、悩みを解決でき、たいへん喜ばれています。楽天やヤフーの商品レビューを見ていると、販売している私たちもお役に立ててよかったと本当に思います。

この季節 花粉症などのアレルギー症状でお悩みの方は、一度お試しいただけたら幸いです。100%とは言いませんが、研究論文の話だけでなく、当店でお買い上げの大半の方が効果を感じるまでに至っています。

ワンコインで一度お試しいただけるので、おすすめです。

詳しいべにふうき茶の効果や詳細については、別ページでも解説していますので、詳しくはリンクしています説明をご覧ください。

べにふうき茶の効果を知れば知るほど、飲みたくなる!!そんなお話でした。

 

機能性表示食品のべにふうき茶販売ページ(楽天)

機能性表示食品のべにふうき茶販売ページ(ヤフーショッピング)

・機能性表示食品のべにふうき茶販売ページ(amazon)

 

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

 

花粉症に効果のあるべにふうき茶品種別に選ぶ 上級茶福袋 お茶の山麓園高機能品種茶 福袋
機能性表示食品 べにふうき茶 100g 499円送料無料知覧茶の粉末緑茶50g×3袋 1500円送料無料品種別に選べる 上級茶福袋 100g×3袋 2160円送料無料高機能品種茶福袋 100g×2袋 1080円送料無料

 

自家焙煎のほうじ茶で「ほうじ茶ソフト」をつくりました!

お茶の山麓園で、この春 ほうじ茶ソフトクリームを新発売!

ほうじ茶ソフトは、こうして作られます!

1.ほうじ茶の粉末を用意します。

原料に熊本産の一番茶の茶葉を使用し、焙じ機(火入れ機)300℃で茶葉が180℃になるまで焙じました。通常、ほうじ茶には 緑茶として飲むのには不向きな秋冬番茶を使います。いわるゆる、安くてマ〇イお茶です。しかし、ほうじ茶であっても、やはり一番茶が美味しいので、当店では 多少コストがかかっても美味しいものを追求します。

ほうじ茶とういうと、棒茶を使用するものが多いですが、棒茶(白折)は繊維質が多いので、ソフトクリームには向きません。よって茶葉の割合が多い原料を使用します。

今回はハイスピードミルで粉末状にします。(ほうじ茶でない場合、電動石臼でじっくり粉末状した方が無難です。)

ほうじ茶(粉末)パウダーの試作品

パウダーができたら、いよいよ ほうじ茶ソフトの素をつくります。

ボールにほうじ茶パウダーを入れます。今回は、お茶の割合を少し少なめにソフトクリームミックス1リットルに対して22g投入します。濃いともちろんお茶の味わいが強くなります。

クリームは、最高級のものを使用します。高級クリームは、乳脂肪の割合が高く、濃厚で滑らかな味わいになります。お茶の香りを引き立たせたいなら、あっさり系のクリームが良いですが、総合的な味わいを考えると乳脂肪の多いものがベスト。また、高級クリームでも相性があり、味わいもかなり変わってくるので、自分で試される場合は、かなりの種類のミックスを試す必要があります。

いきなりクリームをすべて入れて粉と混ぜ合わせると、玉(ダマ)が出来てしまいます。

ソフトクリームの機械は、少しずつクリームが流れてくる仕組みになっているので、玉が出来てしまうと、クリームの吸入口に詰まってしまい、作動しなくなります。

玉なく、均等にクリームになじむようにするには、まず、パウダーに少量のクリームを投入し、ほうじ茶のペーストができるよう練るように混ぜます。

 

ペーストが出来たら、さらにクリームを加え、なじませていきます。

液状になったら残りのクリームを投入。

昨今、ラテアートなるものが流行っていますが、これを作るときは、お絵かきする気分でなにかやってみたくなります。芸術の才能が有れば、ソフトクリームを作らずとも満足できそうです。

こうして、出来上がったほうじ茶クリームを機械に投入。

スイッチオン

機械が作動し、冷却しながら攪拌します。シリンダー内にクリームミックスが満タンだと空気が含まれないので、7割くらい満たし、空気と混ぜ合わせることで舌触りの良い滑らかなソフトクリームになります。(空気を入れないとソフトクリームの色合いも濃厚になります)

 

5分ほど待てば、準備オッケー

 

早速、ソフトクリームを仕上げてみました。チョコレートのソフトのような色合い!

 

これだけでも、美味しいのですが、ほうじ茶の香りをきわだたせるため、ほうじ茶パウダーを少し振りかけます。

食べると、ほうじ茶の香りが口いっぱいに広がります。後口も爽やか!やはり、香りが違います!!!

お茶が入っていることで、甘さも控えめで、大人のソフトクリームといった感じです。

熊本産ほうじ茶を使ったほうじ茶ソフト

超うまいです。発売初日に食べに来た親子(母娘)さんが、翌日リピーターとしてお父さんを連れてやってきました。気に入ってもらって、大成功です。

 

 

加えて、ほうじ茶も販売開始しました。

 

お茶の山麓園の上ほうじ茶

ほうじ茶を焙煎機で製造する場合、温度が重要になってきます。

焙煎機で300℃。茶葉が180℃になったところで排出した場合、かなり香ばしいほうじ茶に仕上がります。

これを同じく300℃で170℃に設定すると、緑茶の味わいも残るほうじ茶になります。

175℃だとその中間です。

棒茶は、180℃だとかなり強く焙煎が効きます。(工場が火事かと思えるほど煙だらけになりました。)棒は膨れるため、焙じると量(かさ)が倍以上になります。

販売中のほうじ茶は、熊本産一番茶に 上物の棒ほうじ茶(もちろん一番茶)を加えて作りました。香りと味わいが整っています。

日頃コーヒー等のあなたも、食後に胃を落ち着かせたいとき、朝一息つきたいとき、おやつのお供に気分を変えたいときなど…是非お試しください。

お茶の火入れ機が稼働!炒りたてのほうじ茶も販売開始します!

火入れ機が入荷しました!今後炒りたてのほうじ茶もご提供いたします。

ドラム式火入れ機

2月22日、新しいドラム式火入れ機が届きました。遥々静岡県からトラックに積んで到着。

すでに仕上げたお茶を再火(もう一度焙煎)する目的で導入した機械なのですが、ほうじ茶も製造できるので、今後炒りたての「ほうじ茶」を販売していきます。

近年はほうじ茶ブーム

最近は、雪見だいふくのほうじ茶味、スタバのほうじ茶ラテ、ほうじ茶チョコなどが、登場し、ほうじ茶スイーツが流行しています。抹茶とは一味違う香りで、今後も新しいほうじ茶スイーツが増えていくだろうと思います。

一般のご家庭で、ほうじ茶プリンやクッキー、シフォンケーキなど…美味しいほうじ茶スイーツを作ってみよう!という方も多いのではないでしょうか。そこで、ススイーツに活用もできるほうじ茶の粉末も販売予定です。

山麓園でも、ほうじ茶を使ったソフトクリームを試作販売予定です。これから、どんどんバリエーションを増やしていけたら…と思っています。乞うご期待!!!

ほうじ茶はこのようにして製造します。

温度設定

火入れ機の操作パネル操作パネルにドラム内の温度を300℃、茶葉が178~185℃で排出されるように設定。

茶葉が焦げないよう、ドラムの回転速度も少し早くします。

 

 

ほうじ茶の製造 焙煎中の様子

ドラムが燃焼中強火でドラムを熱します。120℃を超えるくらいから、茶葉から白い煙が発生。とても香ばしい香りです。

茶葉温度が180℃くらいになると、換気扇を回しているにも関わらず、室内が煙で充満。外の道路にもほうじ茶の香ばしい香りが漂っているようで、ご来店中のお客様が「外でお茶のいい香りがしたよ」とおっしゃっていました。

焙煎していた私も、洋服はもちろん体中からほうじ茶の香ばしい香りがしています。

ほうじ茶の香りに誘われて、お客様が続々ご来店ということになれば…と、都合のいことも考えています。

 

出来たてのほうじ茶

出来立てアツアツのほうじ茶の完成です。写真で分かりますか?白い煙が出ています。さわると火傷するくらい熱いです。

早速、出来立てを飲んでみると、なんとも香ばしい!さすが炒りたてです!そして後口もスッキリした味わい。

熊本産の(熊本県水俣産)ぐり茶の一番茶を使いました。

 

次に同じ茶葉を170℃で排出の設定で焙じてみました。茶葉は少しみどりかかっていて、澄んだ水色(すいしょく)でした。香ばしく、緑茶の味わいも残っていました。私はこちらの方が好みに感じましたが、妻は、前回試作した高温で炒ったほうじ茶が好みのようでした。人それぞれ好みはあるようです・・・

これから、色々と試行錯誤で良い品をお届けできるよう頑張っていきたいと思います。

 

ほうじ茶の粉末も試作

ほうじ茶(粉末)パウダーの試作品次に

ほうじ茶ソフトクリーム試作のため、ほうじ茶パウダーを作ってみました。

先ほどのほうじ茶の茶葉をハイスピードミルで粉状にし、御影石の電動石臼で細かく挽きました。なかなかいい具合です!

これなら、そのままでも美味しく滑らかなほうじ茶ソフトの試作品ができそうです。

 

ほうじ茶は、通常、番茶を使用しますが、当店では一番茶を使用します。

番茶と一番茶では、ほうじ茶の味わいも大きく変わってきます。

美味しいほうじ茶をお求めの際は、是非お尋ねください。