烏龍茶でもない?! 新感覚 ハーブや花の香りの緑茶!「知覧 烏龍緑茶」すごいお茶が完成

新感覚!超希少!まるでハーブのよう!花の香りの知覧茶を発売します!

こんなはじめて!癒されるハーブの香り

 

烏龍緑茶とは?どんなお茶?

新感覚&超希少な「萎凋香緑茶(いちょうかりょくちゃ)」を使用した花の香りの知覧茶

烏龍茶の香りの素となる半発酵の工程を、日本で5年の歳月をかけて開発された萎凋香緑茶(いちょうか緑茶)」というたいへん珍しいお茶に、甘みの強いさえみどりの深蒸し茶を絶妙に配合。花の香りと緑茶の甘みの良いとこ取り、美味しい烏龍緑茶が出来上がりました。

萎凋香緑茶とは?日本で開発された独自の特殊製法

この「萎凋」という工程を、知覧茶の生葉を使用し、低温・除湿・時間を最適に管理された状況で行うことで、緑茶でありながらハーブの様な花の香りをもつ「萎凋香緑茶(いちょうかりょくちゃ)」が誕生します。さらに、通常の蒸し製法でなく、炒蒸し機という特殊な機械と、煎茶でなく玉緑茶に仕上げることでさらに香りを引き立てます。

強い香りを好む外国人向けに開発された製法で、まだ試験的な製造の段階です。ほとんど流通しておらず、茶業者でもあまり知らない、大変珍しいお茶です。

知ってました?

緑茶、烏龍茶、紅茶は、製法の違い。同じお茶の木からつくられるのです。

緑茶 ウーロン茶 紅茶は同じお茶の木からつくられる

  • 摘んだ茶葉をすぐに熱で酸化反応を止めると緑茶になります。
  • 摘んでしばらく置いて少し酸化反応が進んでから茶葉を炒ると烏龍茶になります。
  • 摘んで置いて、その後揉んでまた少し置いてから乾燥させると紅茶になります。

 

烏龍茶は、摘んでからしばらく置いておくことで、カテキンなどの酸化反応が進み、烏龍茶独特の香りが生まれます。紅茶も烏龍茶も緑茶と同じ緑色の葉っぱからつくられるのです。

詳しくは、「緑茶、烏龍茶、紅茶は同じお茶の木からつくられる」で解説していますので、そちらをご覧ください。

 

<製造方法>

烏龍茶などの半発酵茶には、摘み取った生葉を日陰などに置いておくことで、「萎凋(いちょう)」という酸化反応によって特有の香り生み出す工程があります。(烏龍茶の命というべき大事な工程です)

紅茶の萎凋工程

紅茶の萎凋工程の様子

 

 

 

 

 

 

画像:紅茶の萎凋工程(スリランカ)

 

 

萎凋香緑茶と通常の烏龍茶の製造工程の違い

<当店の知覧烏龍緑茶の特徴>

萎凋香緑茶の研究では、ゆたかみどりが最も香りに優れていましたが、実験で使用されていなかった「さえみどり」が「ゆたかみどり」よりも香りに優れていることが、当店の審査で判明。萎凋香緑茶にさえみどりを採用しています。

 

この希少なさえみどりの「萎凋香緑茶」をベースに、高級深蒸し茶のさえみどりを配合。美しい綺麗なグリーン色で、花の香りと緑茶の優しい旨味を楽しめる「知覧 烏龍緑茶」を開発致しました。

烏龍緑茶

他では味わえない特別な味わいの緑茶です。

家庭に急須のない方でも手軽に飲めるようにティーバッグにしました。

烏龍緑茶をティーバッグ・ティーパックに加工

希少で珍しい品 ギフトにも最適

ティーパックタイプなので、急須がなくても飲めます。大変珍しいので、ギフトにもおすすめです。空間が広くお茶が抽出しやすい、テトラタイプのティーバッグを採用。

<飲み方>

250ml~500mlのお湯に1袋使用ください。お湯の温度は、80℃だとマイルドに出ます。リラックスしたいときは、低めの温度で。90℃以上で香りが強く、シャキッとしたいときにおすすめ。

※お湯の温度や量を変えると味わいと香りも変化します。気分に合わせて変えてみて下さい。

 

当店限定販売!!

3.8g×12袋が2個セット(合計24P)で 1296円 送料無料

楽天またはヤフーショッピングでもご購入いただけます。

Rakuten

Yahoo! Shopping

———————————————————————

萎凋香緑茶についての参考資料:https://www.naro.go.jp/publicity_report/publication/files/vt_tea_export_technology_2.pdf

 

お茶の種類:https://tea-sanrokuen.com/wp/archives/566