さえみどりがお茶の中で最も高級?! 品種別に検証しました

お茶の生産量が日本一の産地である静岡県。実は、静岡県では90%以上が「やぶきた」という品種を生産しています。静岡県で発見され、生産性が安定し香味に優れた品種であることから、1955年に静岡県の推奨品種になったことがきっかけです。やぶきた種は全国的にもその後急速に広まり、現在では生産量の75%を占める言われています。

しかし、お茶の品質は摘むタイミングが重要で、一度に収穫できる量も限られていることから、早生品種や晩成品種なども推奨され、また、嗜好品であるため味わいの多様性も必要なことから、様々な品種が存在しています。

登録品種だけでも72種以上あり、品種改良によって優良品種も多く誕生し、やぶきた以外の人気品種も増えてきました。

図2-4-15 茶園面積の品種別割合(平成24(2012)年度)

 

そこで、どんなお茶の品種が消費者にとって価値が高いか?ということをテーマに検証してみました。お茶を買う時の目安にしていただければ、幸いです。

先程、説明のとおり、静岡県はやぶきた種が圧倒的に多いため、第2位の生産地であり、やぶきた種の依存性の低い鹿児島県のデータを元に主要7品種の価格差を調査しました。

品種名 令和元年(2019年) 平成30年(2018年) 2年間平均
ゆたかみどり 129% 111% 120%
さえみどり 187% 153% 170%
あさのか 124% 113% 119%
あさつゆ 126% 116% 121%
やぶきた 100% 100% 100%
かなやみどり 80% 82% 81%
おくみどり 119% 131% 125%

*上の表はやぶきた種を100とした場合の価格の割合です

年度によって茶品種の出来具合(品質差)や相場(収量と需要)が異なるため、2018年と2019年産の一番茶で比較しました。

「さえみどり」が2年平均でやぶきたと比べて170%の平均価格となっていることから、最も高値で取引されている品種であることがわかります。次いで2年平均が125%である「おくみどり」、そして「あさつゆ」、「ゆたかみどり」、「あさのか」は2年平均にすると、ほぼ同じで120%前後となっています。

逆に「かなやみどり」は81%と大きく安値で取引されていることがわかります。

価格価値は、希少性や需要によっても大きく変わるため、価格=品質と同じというわけではありませんが、やぶきたの1.7倍のさえみどりが群を抜いて高価な品種と言えます。ある機関の報告書でも55品種中で「さえみどり」が最も高い評価を得たことから、価格価値と品質価値において高価で高品質な品種と言えるでしょう。

右:さえみどりと左:あさつゆの茶葉の画像

意外なことに、天然玉露と呼ばれる「あさつゆ」が生産量の多い「ゆたかみどり」と同額なのは、老木化が原因の一つと考えられます。残念なことに、年々「あさつゆ」の品質の低下を感じられます。

・高級品種さえみどりについて詳しい情報

・鹿児島県代表品種ゆたかみどりについて詳しい情報

このほかにも、「つゆひかり」「さえあかり」「きらり31」他、優秀な新品種が多く誕生してきていますが、まだまだ生産量が十分でなく、比較できるほどの収量でないため、これからに期待です。さえみどりを親にもつ品種も増えてきているため、「さえみどり」を超える新品種となるかが楽しみです。

以上、どんなお茶の品種が最も高価なのかの検証でした。

*表のデータは、品種の多様性のある鹿児島県に限定していて、全国版ではないこと、最新の2年間という期間の短いデータであることは、ご留意ください。また、高価なお茶をテーマとしているため、2番茶以降のデータや比較はありません。

当店特製の水出し茶ティーパックは、地味にすごい!!

見た目は地味ですが、実は….、 当店の水出し茶はハンパないです!!

コクまろ :熊本銘茶ティーパック 熊本県の優良茶園の茶葉を使用した まろやかなコクが特徴のお茶です。

実は、100g1200円クラス の茶葉から出した粉茶を使用しています。

 

本生マイルド: 知覧茶ティーパックあまーいと思わず声が出る旨味たっぷりで優しい味の知覧茶です。

実は、半分は100g2000円 以上する最高級茶を、残りは 1000円~1500円クラスの 知覧茶からでた粉茶を使用。こんな贅沢なティーパックをつくっている会社はあまりないでしょう。(しかも値段が安い)

 

◎お手軽な作り方

ボトルに入れてしっかり振って冷蔵庫 で冷やしてください。非常に濃厚で甘みのある水出し茶をお楽しみいただけます。ペットボトルに入れてシェイクしてもOK.

もちろんお湯で出しても美味しいです。 お手軽に高級茶の味わいをお楽しみ いただけます。

Filter-in Bottle Cold Brewed ‘Teaに入れてみました↑

 

◎地味に販売する理由

高級茶を大量に販売する当店だからできることなんですが、高級茶を仕上げた 際にできるお得品のため、 もちろん、数に限りがございます。

いつもお買い上げいただい ているお客様だけにお知らせします。 なんと3袋で1000円(税別)さらに送料無料!(1袋12パック入)

店頭でも18パック入りを500円で販売しています。

興味のある方は、是非お試しください。

八十八夜摘みとは?新茶について

年が明けて八十八日目が八十八夜。例年なら、5月2日、閏年(うるうどし)の場合は、5月1日が八十八夜になります。

この時期は、全国的に新茶の最盛期にあたり、生産量も多く、品質的にも優れた新茶が摘まれると言われています。また、八十八夜の「八」という文字は、末広がりということで、縁起物としても知られています。

・↑茶摘みの歌:夏も近づく八十八夜…

実際のところ、産地や品種によって、お茶の最盛期は異なり、その年の気候によって1週間から2週間ほど隔たりがあることから、八十八夜は一つの目安という考え方が正しいと思います。

日本一の産地(市町村)と知られる南九州市は、早生品種のさえみどりゆたかみどりは、4月10日~4月20日くらいに最盛期を迎え、八十八夜を迎えるころにはにほとんど摘み終わっています。また、早いほど若芽で摘むことから低収量で品質が高く、芽が大きくなると品質は低下し、収量も増加します。高品質な茶葉は、一芯二葉、または三葉で摘み、機械で深摘みすると、収量は増えますが、品質は低下します。

品種の違いについては別ページで解説しています

一般的に、八十八夜摘み(5月2日)は、日本一(県別)の産地である静岡県のやぶきた種が収量と品質面で優れたお茶が摘まれる時期ということでしょう。

数年後には、鹿児島県が日本一の茶の生産地になるかもと言われているので、八十八夜ではなく、七十七夜と言われるようになるかもしれません。77も縁起の面では問題なさそうですね。

また、多くの人が手で八十八夜にお茶を摘むと思っている方が非常に多いのですが、スリランカなどの紅茶や中国茶の産地と違い、日本国内では、手摘みは観光などのパフォーマンスを除いてほとんどありません。人の手による茶摘みは、非常に重労働で効率が悪く、採算性がないので、現代ではほとんど行われておりません。

 

ミミー号がお茶の山麓園、新茶まつりの取材にやってきました!

4月24日RKKとんでるワイド午前10時50分放送、ミミー号が新茶まつりの取材にやってきました。

極上知覧新茶のPRを予定しておりましたが、既に完売状態でしたので、熊本八十八夜摘みやそのほかのお茶のお話をさせていただきました。

30分程、ミミーキャスターの岡本さんと打合せしまして、本番生放送。少し慣れましたが、やはり緊張します。

残念ながら、極上知覧新茶は、ものすごい勢いで売れて完売しましたが、今日(4/24)入荷の知覧新茶もお勧めです。1000円→2割引き800円ですが、水色と香味に優れた1000円で販売するのはもったいないような新茶です。実際原価もギリギリなのですが、美味しい新茶を待っていらっしゃるお客様のために頑張りました。

是非お試しください。

ラジオでもお話ししましたが、熊本八十八夜摘みももう一つの目玉商品です。昨年RKKのスタジオで太田黒さんにご紹介いただきましたが、収録後に、美味しかったよとおっしゃっていただきました。今年も熊本の新茶は順調そうなので、きっと皆様にご満足いただけるような八十八夜摘みの新茶をご提供できることと思っております。5月2日までにご予約いただきましたら、通常価格1500円を1000円にて販売いたします。ご予約されないと1000円で販売することはできませんので、お忘れなく。今年は特に【令和】初摘み新茶となりますので、特にお勧めです。

その他、平成最後に摘んだ鹿児島新茶800円と、令和初摘みくまもと新茶800円が、ご予約限定で、ワンコインの500円になります。平成と令和、時代を跨いだ新茶の飲み比べは、今年限りのチャンスです。是非お試しください。

最後に、今年も新茶ソフトや新茶銅銭糖も好評販売中です。ゴールデンウィークも近いことですし、旬のお土産にもピッタリです。

新茶まつりは、5月7日までとなっておりますので、皆様のご来店、お待ちしております。

ミミー号の皆様方、ありがとうございました。

FM熊本 安井商店に出演

新茶祭りのPRのため、一年ぶりにFMKの安井商店に出演しました。収録でありましたが、一発本番、リハーサルなし、取り直しなしで終わりました。当初は番組も始まったばかりでしたので、安井さんも自分も一年前よりも成長したということでしょうか?

※写真のお茶は極上知覧新茶でなく、令和のお茶です。

極上知覧新茶のPRでしたが、今年は、お陰様で発売3日目にして3000個はほぼ終わりにというか完全に足りないくらい売れたという結果になっています。

ありがとうございます。

今年は、4月20日の発売でしたが、お茶が届いたのが、前日19日。詰め始めたのが3時近くで本当にギリギリでした。何とか無事に新茶をお届けすることができてほっとしました。(実際はホッとする間もなく忙しかったですが)

今年は、寒の影響で、高級クラスの新茶が高騰し苦戦しましたが、鹿児島県に滞在し、知覧茶の最盛期の3日間粘り粘ったおかげで、上物を入手することができました。

来年も極上知覧新茶を半額で販売を続けていこうと思っています。

乞うご期待。

熊本の新茶も続々入荷中ですので、こちらも是非お試しください。

お茶の山麓園 新茶まつり 目玉は極上知覧新茶が半額の1000円

お茶の山麓園では、4月20日より、新茶まつりを開催いたします。

目玉は、極上知覧新茶。3000個限定で通常2000円を半額の1000円で販売いたします。

 

4月19日RKKとんでるワイドでも、ご紹介いたしましたが、

つい先日まで鹿児島県に滞在していまして、美味しい新茶を見つけてまいりました。皆さんご存知の知覧茶など、鹿児島県は日本一早い新茶の産地として知られています。「平成の最後」に摘まれた新茶ですので、平成が終わる前に皆様にお届けできるように、当店では、一足早く4月20日より新茶まつりを開催いたします。

もうすぐ平成の終わりになりますが、平成の最後に摘んだ、この「極上知覧新茶」で平成をハッピーエンドで締めくくって、新しい時代を迎えていただきたいですね。

是非この機会にご賞味ください。

その他、熊本の新茶も4月19日に初取引がございました。4月20日に販売開始できると思いますので、ご期待ください。

詳しい情報は、4月19日号の熊日すぱいすにも掲載されておりますので、そちらもご覧ください。

 

スギ花粉と花粉症について

スギ花粉とは?

スギ花粉は、全国に広く そして最も多く馴染みのある針葉樹「杉」の花粉です。(北海道を除く)

杉は、中生代、恐竜の栄えた時代から登場している比較的古くから続いている樹木です。説明はいらないと思いますが、建築の木材など、日本でも古くから利用されています。最近は健康住宅の建材として使用されているメーカーさんもいらっしゃいます。

北海道であまり花粉症の人がいないのは、杉が少ないからという理由です。北海道出身の方が上京や転勤などで、初めて花粉症が発症したという人が多いこともこのためです。

 

スギの花は美しくない、風媒花

杉には、雄花と雌花がありますが、花粉が放出されるのは、雄花です。花と言っても、観賞用の花のように、鮮やかな色や綺麗な花びらや香りなどもありません。

杉の雄花と雌花

虫などをおびき寄せて受粉をするような花ではなく、風媒花といって風で雄花から花粉を飛ばし、雌花に受粉する花なのです。だから、いい香りも、見た目の美しさも必要ないのです。

なぜ?スギ花粉が広範囲に飛ぶのか?

つまり、スギ花粉は、繁殖のために、風でできるだけ遠くに飛ぶようできているのです。さらに、通常の花は虫などを使って受粉するため、虫が運んでくれるだけの少しの花粉で済みますが、風媒花は狙い撃ちでないため、広範囲に散布する必要があります。そういうわけで、花粉の量が非常に多いという特徴があります。一本の木でなく、雄花ひとつでなんと40万個の花粉が作られるのです。

飛散するスギ花粉

花粉の多い時期と年

2月~4月にかけて開花するため、スギ花粉にアレルギーがある方は、この期間注意が必要です。「今年はスギ花粉が〇倍です」などニュースなどの報道で聞くことがありますが、夏に猛暑や日照時間が長いと、翌年の春(2~4月の開花時期)に多く花粉が飛散する傾向にあります。

スギ花粉アレルギーについて

アレルゲンとよく耳にしますが、スギ花粉が身体にとって異物であるため、アレルゲンとして認識されると、Ige抗体が排除しようと活動を始めます。

Ige抗体が、目や鼻の粘膜の肥満細胞と結合すると、ヒスタミンという物質を放出します。ヒスタミンは炎症物質とも呼ばれますが、くしゃみや鼻水を出すことで、異物であるアレルゲンを排出しようという働きです。

これが、くしゃみや鼻水の原因です。

花粉のアレルギー対策について

1.花粉を避けることが重要です。窓を開けない、開ける場合は網戸やレースのカーテンで侵入を減らすなどの対策が必要です。

2.マスクなど、体内に入ってくる花粉を減らす対策をとる。

4.食物繊維を多く摂取することも効果的です。アレルギーは、上で説明した通り、免疫細胞の異常な活動によるものです。免疫細胞は、実は大腸と深く関係があることが最近の研究で分かってきました。食物繊維を多くとることで、腸内環境を整え、免疫細胞の働きを正常に保つように心がけましょう。

と免疫の関係について参照

5.アレルギー薬など、医師に処方してもらう。副作用を気にする場合や薬の使用を避けたい場合は、アレルギーに効果的なお茶などがおすすめです。

 

  • べにふうき緑茶: 苦いですが効果は高く、多くの方が利用しています。機能性表示食品として販売されているものもあります。
  • 甜茶:甘いお茶ですが、カロリーはほとんどありません。昔から知られた民間療法です。
  • シジュウム茶:グァバの一種。葉をお茶にします。癖はなく、飲みやすいのでお勧めです。南米で古くから民間療法として利用されていたそうです。その他の効能のひとつにポリフェノールが糖の吸収を抑え、食前に飲むと血糖値の上昇も緩やかにします。
  • ペパーミント:花粉症の予防ではなく、鼻粘膜の炎症を緩和してくれます。

べにふうき茶の花粉症に対する効果については、別ページで詳しく解説しています。

シジュウムの抗アレルギー作用については、北中教授が本を出版されています。

 

まとめ

日本では、春先に花粉症の症状を訴える人は62.3%と言われ、仕事や快適な生活の障害となっています。

※平成28年度花粉症患者数実態調査

スギ花粉とは何なのか?どのようにして飛散するのか?を知ると、対策もわかってきます。

特に、べにふうき他、紹介したお茶などを飲むことは、花粉症の対策になるだけでなく、日々の健康にも役立ってくれるので、おすすめです。

自分が試してみて効果的で続けやすい花粉対策をしっかり行い、快適なライフをおくってくださいね。

 

知られざる名産地 水俣・芦北のお茶

・芦北地方について

湯の児温泉、湯の鶴温泉、日奈久温泉、田ノ浦の道の駅や芦北のでこぽんなどが観光スポットとして知られています。御立岬なんかも名所ですね。

・水俣について

水俣は、個人的にスイーツの美味しい町と思っています。元祖蜂楽饅頭本店(ほうらくまんじゅう)、美貴最中(みきもなか)、モンブランフジヤなど有名店があります。水俣の蜂楽饅頭は、格別に美味しいです。

・芦北・水俣のお茶について

芦北について あまり知らない方、

水俣というと真っ先に「水俣病」を連想する方も多いかと思います。

※水俣病とは? 詳しい説明

水俣病の話はかなり以前の事で、水俣の海産物はたいへん美味しく、もちろん、身体に害はありません。まして、お茶は、海でなく山の産物なので、水俣病とは全く関係のないものです。

しかしながら、水俣のお茶は、消費者には敬遠され、永く、水俣産ではなく、他のお茶にブレンドされるか「熊本産」のお茶として販売されてきました。

実際多くのお客様が、水俣や芦北のお茶のことはご存じありません。

しかし、水俣や芦北は、熊本のお茶の一大産地の一つであり、比較的大きい畑を持っている農家さんも多くいらっしゃいます。

水俣、芦北地方のお茶は、良い意味で渋みがあり、昔ながらの懐かしいお茶の味を楽しめます。矢部茶や泉茶は、山手のお茶の香りがあり、対して水俣は海辺の味で、渋みも程よく、どっしりとした味わいが特徴です。また温暖な気候のため、熊本県内では最も新茶が早い地域でもありますが、温暖な海辺から、山間部まで幅広い場所に茶畑があり、山間部ではシーズン終盤まで長い期間にわたってお茶が摘まれるのも特徴です。品種もやぶきた以外に、早生品種のゆたかみどりさえみどりや埼玉県生まれの「さやまかおり」などを見かけます。

近年は、紅茶の栽培にも力を入れていて、2017年には全国紅茶サミット、2018年には九州紅茶サミットを水俣で開催しています。私がいくつか試飲したり買って帰った水俣紅茶の印象は、焙煎が強いのか?ほうじ茶に似た焙煎香と紅茶の香りを楽しめる独特な風味でした。紅茶の代表とされる、ダージリンやスリランカティーとは大きく特徴が異なり、他の日本紅茶とも違うと言えるでしょう。

※九州紅茶サミットについては別ページで紹介しています。
紅茶の日本茶の違いについても別ページで詳しく解説

話はそれましたが、水俣や葦北地方は、温暖な気候を生かし、特徴あるお茶の生産をしています。残念なことに、知らない人も多いですが、生産量も多く、熊本県内でも注目のお茶の生産地域です。当店でも、この地域のお茶を多く仕入れています。苦みでなく、渋みを活かしたお茶をつくるには欠かせません。品質も良く、値段もお手頃価格なので、コストパフォーマンスの高いお茶が多く、狙い目でもあります。

昔懐かしい味と香り高いお茶をお求めの方は、芦北、水俣茶がおすすめです。

 

 

 

 

 

 

新元号「令和」を冠したお茶を発売 プレゼントやギフトにも◎

新元号「令和」を冠したお茶を発売 プレゼントやギフトにも◎

4月1日正午前、どのチャンネルも新元号の発表を中継していました。

皆さんが、今か今かと待っていて、菅官房長官が現れ、新元号を発表。

新元号は、「令和」

まだ、聞きなれず、しっくりこないところはありますが、新しい時代の始まりです。

隣国と現在冷たい関係でありながらも、なんとか平和でいたい、そんな意味がこもっているのでしょうか?万葉集が由来のようです。

来月から新元号の「令和」が始まります。日本にとって災害や戦争もなく、明るい時代になっていくことを祈っております。

これを祝しまして、当店でも新元号を冠した「令和」というお茶を販売開始いたしました。

令和 新しい時代の始まりを祝して

新元号のことで話題が盛り上がっている今、

プレゼントやギフトにも最適です。

鹿児島県産の「さえみどり」という上品な風味の品種茶です。

1000円税込み、送料無料で販売しています。

ご興味ある方は是非、お求めください。

既に楽天ヤフーショッピングアマゾンで販売しています。

熊本県の知られざるお茶の名産地 美里町

熊本のお茶の産地は全国的にあまり知られておらず、県内でも矢部茶、岳間茶、人吉茶などくらいしか認知されていないことは、お話ししました。

「くまもと茶」という名称は、同じ熊本県内の商標で言うと、「デコポン」と同じように既に商標登録されているため、実は一般企業では使えません。(知らずに使っている人も多いですが・・・)

そこで、熊本県内の経済連の入札で 最も高値がつくお茶は、どこの産地だか知っていますか?※ちなみに…入札とは、各生産地で摘まれた荒茶が、組合や生産者名で出品され、そのお茶に最高値を付けた茶商が買い取るというシステムです。九州は、鹿児島県や熊本県ではクローズの入札式、嬉野ではセリの形式で行われます。

熊本県は、その実、栽培面積が全国4位~7位と言われるお茶の名産地であることもお話ししました。例えば、相良村や球磨地方のお茶は生産量が県内で最も多いですが、産地ブランドがあまり知られていません。相良茶と言っても、残念ながらピンとこない人が多いのが現状です。

 

そこで、知られざる産地の魅力をご紹介します。

熊本県で、毎年最も高い評価を得るのは、美里町(旧,中央町)のM氏のお茶です。

初入札で最高値を付けた業者は、賞状のような証書をもらえますので、高値を付け落札したお茶の証書を店内に飾っておくと県内最高のお茶を扱っている店舗といえます。ブランディングとしても役立つため、県内茶商の理事長が広告費としてわざと高い値段をつけて最高値を出すのが、風習となっているようです。

それでも、当然県内トップ生産者として知られるM氏のお茶が選ばれます。

M氏のお茶は、茶葉は若芽で形が整っていて、旨味が強く、水色もいい。非の打ちどころがない良いお茶です。好みや贔屓はありますが、誰が見ても評価は高いお茶でしょう。さえみどりなんかは、末端価格で2000円~3000円で販売されていると思います。

そんなお茶が、一般の方には産地としては無名でしかない美里町(旧中央町)のお茶なのです。

一方で ブランディング(賞状)のためのお茶が、あまり知られていない産地のお茶というのも、面白い話かもしれません。

しかし、美里町には素晴らしいお茶があることを是非お分かり頂きたいのです。

美里町には、日本一の石段もありますよ。←私もよく登っています。

以上、美里町には知られざる県内一と称されるお茶があるというお話でした。