2021年 お茶(日本茶)生産量 日本一は鹿児島県になる?! 静岡県の首位陥落か?検証!

日本茶の生産量は、2020年までずっと静岡県が1位

静岡県 富士市 富士山の見える茶畑

写真:静岡県富士市

令和2年(2020年) お茶生産量ランキング

順位府県名年間生産量(トン)
1静岡県25,200
2鹿児島県23,900
3三重県5,080
4宮崎県3,060
5京都府2,360
6福岡県1,600
7奈良県1,490
8佐賀県1,140
9熊本県1,120
10埼玉県754

出典:農林水産統計 令和3年2月19日公表

令和2年の全国のお茶の生産量は、合計で69800トンとなっています。

3位の三重県は、5080トンに対し、1位の静岡県や2位の鹿児島県の生産量は、25200トン、23900トンと3位以降と数倍以上の差があることから、2021年以降もお茶の生産量1位は、静岡県か鹿児島県のどちらかになる見込みです。

2020年の静岡県と鹿児島県のお茶生産量についてのまとめ

2020年のお茶生産量は、1位の静岡県が25200トン、2位の鹿児島県23900トンと量にして1300トン、割合にすると5%の僅差でした。2019年から天候不順や生産者の意欲低下などが原因で記録的な減産が続く中、2020年は、天候不順だけでなく、コロナウイルスの影響もあり、3番茶、4番茶が限られた工場のみ生産するなど、大幅な生産自粛、減産体制が敷かれました。鹿児島県は、静岡県と比べて、2番茶以降の生産量の割合も大きいことから、生産自粛がなければ、生産量においても、おそらく鹿児島県がわずかに静岡県を上回る結果となるはずだったでしょう。

 

2021年は、鹿児島県がお茶の生産量ナンバーワンになる公算が高い

令和3年知覧茶(新茶)茶畑の様子 令和3年4月7日撮影

さて、2021年生産量の現況はどうなのか?

4月は、ほとんどが晴となり、4月11日頃から急激に寒くなり、全国的に霜害が発生、宇治茶で知られる関西では、特に大きな被害を受けたそうです。霜にやられるとせっかく新芽が枯れてしまいます。また、霜で枯れなくとも影響を受けると、新芽が硬くなり生育に悪影響を及ぼします。それで、全国的に一番茶の生産量が落ち込むことになったようです。

令和3年 静岡県の一番茶はどうだったか?

静岡県は、昨年にも増して、約2割減とまたしても大幅な減産となりました。平均単価は2割以上に上がったため、農家さんの売上は1割程上がっているようです。(静岡新聞より)静岡県では、雨の日はお茶を摘まないといいます。4月ほとんど晴れたおかげで、毎日お茶を摘むことができ、また気温が低かったため、新芽の生育も抑えられました。結果、硬く大きくなる前に摘むことで、量は減っても質が上がり、単価が上がったという結果です。(鹿児島県では、桜島の火山灰が茶葉に付着した際、洗って乾燥する設備があるので、雨の日でも摘みます)

鹿児島県の新茶(一番茶)は?

一方、鹿児島県(JA経済連ちゃぴおん情報)では、2021年は、本茶は6%減少、単価は18%上昇という結果でした。4月6日より知覧茶で知られる南九州市や、枕崎市などが新茶の最盛期に入り、その頃はまだ、寒の影響は受けていませんでした。4月10日頃までは、昨年よりも単価が低く、このまま単価が低空飛行になると思われていましたが、全国的な霜害などが起こると、平均価格が下がらなくなり、結果として単価18%増しとなったようです。

令和3年産一番茶 静岡県と鹿児島県のデータ

静岡県の一番茶生産/前年対比  ※下の表は、㈱静岡茶市場の取扱量であって、静岡県全体の総生産量ではありません。

静岡茶市場2021年(令和3年)2020年(令和2年)前年対比
数量792トン859トン92%
平均単価1692円1449円116%

 

出典:静岡茶市場 令和3年取引実績表(2/1~5/31)

 

 

鹿児島県のお茶市場

鹿児島県の一番茶生産/前年対比  ※下の表は、JA経済連の市場(ちゃぴおん)の取扱量であって、鹿児島県の総生産量ではありません。

鹿児島茶市場2021年(令和3年)2020年(令和2年)前年対比
数量3,120トン3,333トン94%
平均単価1,916円1,621円118%

出典:ちゃぴおん情報 JA経済連茶事業部 5/31報

2番茶以降はどうか?

静岡県産の二番茶について

6月29日現在のところ、静岡茶市場の流通量は堅調のようです。2020年の取引実績は、6月29日時点で、約1400トンでした。ところが、2021年は、およそ1720トン前後となり、2割以上増しで、これはほぼ2019年の取引量と同じになります。

静岡県全体の茶生産量が大幅に回復しているかは、分かりませんが静岡茶市場の実績を見る限りは順調のようです。

鹿児島県の二番茶の状況

二番茶取引実績(7月19日 二番茶取引終了)
2021年(令和3年)2020年(令和2年)前年対比
数量2,503トン2,730トン92%
平均単価899円494円182%

出典:ちゃぴおん情報 JA経済連 茶事業部 第15報 (7/19)

二番茶の取引量が8%減っていますが、単価が昨年の1.8倍以上と大幅に価格が上昇しています。余談になりますが、ここまで値上がりすると、小売価格の決まっている多くの業者さんにとっては、かなり厳しい状況と言えるでしょう。ドラッグストア、量販店に納品している業者さんは、苦戦の年です。

過去10年で最も高い水準なっていると言われていることから、おそらく大手ドリンクメーカーさんが原料確保のため、(市場や問屋を通さず)生産者から直買いすることで、市場への上場が減っていることも考えられます。

そう考えると、市場の上場量は昨年を8%下回っても、実際の生産量はそこまでは減っていない可能性もあります。

・参考:一番茶と二番茶の違いについて

三番茶の近況(8/18現在) 追記更新

令和3年(8/17現在)令和2年(最終)令和1年(最終)本年・R1年対比
数量1624トン625トン202680%
平均単価551円337円358154%

出典:ちゃぴおん情報 第19報 R3. 8. 18

市場の三番茶取扱量は、既に2020年を超えましたが、例年よりも少ないようです。三番茶も終盤なため、これからそれほど増える見込みはありません。今年の市場流通量は、80%(2019年対比)が市場の取引実績になります。(2020年は大幅な生産調整が行われ、参考としては相応しくないため、2019年を比較対象としました)

データだけを見ると、2019年比2割程減少しているように見えますが、どうやら大手さんがドリンク用の茶葉を農家さんから直買いしていて、市場への持ち込みが減っているようです。

単価は、昨年対比154%と高止まりしている状況です。

四番茶の市場取引実績(10月3日更新)

令和3年(8/17現在)令和2年(最終)昨年対比
数量279トン159トン174%
平均単価536円368円146%

 

既に四番茶の生産も終了し、今年は279トン、令和1年は最終で173トン、令和2年で159トンという結果となりました。4番茶の生産は、生産調整のあった昨年よりも174%増し、例年と比べても増加しています。四番茶以降の収量は、秋冬番茶を残すのみになります。

まとめ 静岡県が1位の座を譲る?

知覧の茶畑

結論:2021年はよほどのことが起こらない限り、鹿児島県がお茶の生産量1位となるか? しかし、まだわからない。

静岡県は前述の通り、1番茶の生産割合が1年全体の4割近を占め、その一番茶が2割減少。一方、鹿児島県は、1番茶の割合が3割と低く、減少量も6%程度と静岡県に比べても少なめにとどまっている。

7月下旬にはオリンピックが控えており、外国人観光客は見込めなくとも、一定の消費量は見込まれているようです。少なくとも、大手さんがたくさん買い入れてようです。(噂ですが、某大手ドリンクメーカーさんが、昨年の数倍ほど買い付けているのではないかと言われています。相場が上がっている要因にもなっています)

昨年の鹿児島茶は、三番茶に生産調整が入り、三番茶が約半分程しか生産されませんでした。今年は、前述の通り二番茶の価格が高値で推移し、高すぎて十分に仕入れられていない業者さんが多数なので、三番茶の高騰は必須で、生産調整が入ることはまずないでしょう。また、一番茶が例年よりも早く、三番茶以降も単価が上がると予想されるため、四番茶の生産量も増加すると思われます。

二番茶以降が大きな問題なくこのまま順調に進めば、鹿児島県がお茶の生産量にて静岡県を抜き、全国1位になる可能性は非常に高いと言えます。

しかし、毎年のことながら、農産物は天の恵みのため、この後何が起こるかわかりません。鹿児島県が二番茶の最盛期に梅雨に突入し、鹿児島茶市場の取扱量が減ったり、逆に静岡茶市場の二番茶取扱量が急激に回復していることから、大方の予想を覆すことになるかもしれません。いずれにせよ、茶の需要も増していますので、全国の農家さんの奮闘に期待し、茶の生産量の減少に歯止めがかかることを祈っております。

10月3日追記

農林水産省統計によると、令和2年の秋冬番茶は、5880トン、令和元年で6920トンとなっています。秋冬番茶の収量は、令和元年までは毎年増加しており、今後順調なら今年は7000トン前後を見込めるのではないかと思います。(※鹿児島県全体の生産量で、市場の取引量ではありません)

気になる2021年の日本茶生産量一位の座は、静岡県か鹿児島県なのか、結果は2022年2月頃に発表される農林水産省の統計を待つところです。

 

お茶の山麓園 4/17 新茶まつりを開催!! 新茶が半額?! ご予約特価など特典満載

目玉は、極上知覧新茶。2160円が半額の1080円!

お茶の山麓園 新茶まつり2021 目玉は極上知覧新茶 半額の1080円

2021年4月17日(土)より、お茶の山麓園新茶まつりが開催!

目玉品は何といっても、毎年数日で完売する超人気商品、極上知覧新茶。鹿児島県、南九州市の敏腕生産者による、最高級品種「さえみどり」を使用した、極上品です。

お茶の色は、濃厚で明るいグリーン。口当り優しく、とろりとまろやかな旨味が口いっぱいに広がります。何杯でも飲める、しつこくない高級茶特有の上品な味わいです。

当店のお茶の美味しさを広く多くのお客様に知っていただくため、この極上知覧茶を半額の1080円、毎年数量限定で販売しています。とても好評で、毎年皆様にたくさんご注文いただいております。

昨年は、約3日で完売してしまい、その後多くのお客様にお断り申し上げる事態となりました。

そこで、数量を少し増やし、今年は4500個限定とさせていただきます。希少な極上品のため、これ以上は、入手が難しく、今年も早めに完売が予想されます。売切れの際は、何卒ご了承ください。お早目のご予約がおすすめです。

ご入学の内祝、引っ越しのご挨拶や母の日ギフト、法事にも対応致します。

保存に適した真空パックしておりますので、まとめ買いされる方も多いです。

 

 

その他の新茶もご予約するとお得です。

お茶の山麓園 新茶まつり2021 新茶のご予約でお得に買えます。

ご予約特価

  • 熊本八十八夜摘み 1620円→1080円 (ご予約締切:5/1)
  • 知覧新茶 100g 1080円→756円 (ご予約締切:4/21)
  • 鹿児島新茶 100g 864円→540円 (ご予約締切:4/23)
  • 熊本新茶 100g 864円→540円 (ご予約締切:4/30)

その他の新茶オール2割引き

期間中(4/17~5/6まで)新茶全品2割引きを開催。知覧茶のほか、熊本の新茶、八女茶、嬉野茶の新茶も続々入荷します。それらも、全て2割引きになるので、お好みの新茶をお選びください。

遠方の方は、150円で配送サービスも

遠方で来店が難しい、車や交通機関がない。コロナウイルスが心配という方のために、売り出し期間中、新茶を3240円以上購入すると、配送料150円のサービスも行っております。

ネットや、お電話でお申し込みください。

当店特製 新茶ソフトクリームや、新茶銅銭糖も人気!

お茶の山麓園特製 新茶ソフトクリーム

期間中、極上知覧茶を贅沢に使用した「新茶ソフトクリーム」も販売。1個 300円(税込み)、ミニサイズは250円。

熊本銘菓銅銭糖も当店の新茶を使って、老舗菓子店「綿屋」さんに特別につくって頂きました。さわやかな新茶がマッチして、すごく美味しい。毎年人気です。

口コミ投稿で、新茶ソフトクリーム、または新茶1個プレゼント開催中

期間中、Googleマップの口コミ投稿で、新茶ソフトクリームか新茶を1個プレゼント。お店で引換券を配布しております。

 

ご注文、お問合せ

お茶の山麓園(お茶とグルメの杜 山麓園)

熊本県熊本市東区画図町所島584-12

お電話:096-378-7165

ネットからもご注文いただけます。

お茶の山麓園 Shopping:https://tea-sanrokuen.com/ec/

詳しくは、4月17日の熊日朝刊の折込チラシをご覧ください。

皆様のご来店、お電話をお待ちしております。

2021年(令和3年産)の新茶は、いつ頃販売される?昨年よりも早いのか?生育状況と予想

2021年の新茶は平年よりも、かなり早くなりそう 日本一新茶が早い鹿児島茶の状況

知覧茶 新茶生育状況

まもなく、新茶の季節です。

毎年新茶を心待ちにしている方も多いと思います。今年は、例年よりも早く、3月末頃から既に茶摘みが始まっている地域もあります。

そこで、いつ頃新茶が飲めるのようになるかを、データを基に検証してみました。

令和3年産 産地別 新芽生育情報 聞き取り調査(3/16~3/23時点)

産地名(調査日)品種名摘採開始予定日前年摘採開始日前年比(日)最盛期予想
南種子島さえみどり3/253/31-6日3/30
中種子島ゆたかみどり3/284/6-9日3/30
さえみどり3/304/2-3日3/30
屋久島ゆたかみどり3/314/7-8日4/1
さえみどり3/294/4-6日4/1
枕崎市ゆたかみどり4/34/6-3日4/7
さえみどり4/14/3-2日4/7
知覧町ゆたかみどり4/34/7-4日4/7
さえみどり4/44/7-3日4/7
頴娃町ゆたかみどり4/44/6-2日4/7
さえみどり4/44/6-2日4/7
大根占ゆたかみどり4/14/6-5日4/9
さえみどり3/314/5-5日4/9
鹿屋市ゆたかみどり4/14/6-5日4/12
さえみどり4/54/7-2日4/12
日置市(金峰)ゆたかみどり4/34/10-7日4/15
さえみどり4/14/9-8日4/15
溝辺町ゆたかみどり4/144/15-1日4/28
さえみどり4/144/16-2日4/28
志布志市ゆたかみどり4/74/13-6日4/20
さえみどり4/54/11-6日4/20
志布志市(有明町)ゆたかみどり4/94/14-5日4/15
さえみどり4/84/14-6日4/15

上の表の前年比を単純に平均すると、-4.6日で4日~5日ほど、昨年(2020年)よりも生育状況が早いと言えるでしょう。

4月4日現在 摘採状況 市場上場量比較

新茶が取引される、鹿児島県経済連の市場情報を比較してみました。

鹿児島県のお茶市場

鹿児島県のお茶市場 新茶の出始めは量が少ない

 

 

 

 

 

 

↑写真 鹿児島お茶市場の様子 左写真:入札場(多い日は1000点以上上場される)

日付2021年 市場上場量(トン)2021年 市場上場量(トン)
3月31日2.2トン(鹿児島本土 0.7トン)
4月1日3.4トン(鹿児島本土 2トン)
4月2日11トン(鹿児島本土 7.6トン)0.1トン(鹿児島本土 0トン)
4月3日28.8トン(鹿児島本土  27トン)0.2トン(鹿児島本土 0トン)
4月4日休場0.8トン(鹿児島本土 0トン)
4月5日初取引会     休場
4月6日2.7トン(鹿児島本土 1.8トン)
4月7日4.5トン(鹿児島本土 2.9トン)

※↑表:ちゃぴおんどっとねっとより

2020年4月7日を見ると、「4.5トン(鹿児島本土 2.9トン)」となっており、鹿児島本土の上場量は、2021年4月1日(鹿児島本土 2トン)に近い水準になっています。

2020年4月6日の鹿児島本土1.8トンも、2021年4月1日の上場量に近いですが、4月5日が休場だったため、2日分の量と考えるべきです。

これらを考慮すると、2021年は、昨年に比べ5~6日ほど新茶の生育が早いと考えられます。

2020年は、平年よりも2~3日早かったので、平年から換算すると、7~9日早いといえるのではないでしょうか?

ちなみに、八女の初取引会は4月14日、熊本の初取引会も4月14日と鹿児島県同様に例年よりもずいぶんと早い日程で開催予定となっています。

2021年4月2日上場の新茶を実際に飲んでみた!

2021年4月2日上場の実際の新茶 産地:南九州市頴娃町(知覧茶) 手触りが柔らかな新茶でした

 

 

 

 

 

 

 

2021年4月2日上場の実際の新茶を淹れてみた 産地:南九州市頴娃町(知覧茶) 水色はもう少しながら、味は満足いくものでした

 

 

 

 

 

 

 

 

写真は、2021年4月

2日上場の南九州市頴娃町産の知覧茶です。さえみどりと茂2号の配合品です。若芽の新茶らしく、柔らかな手触りでした。

淹れてみたところ、お茶の水色は、摘んだ時期は曇りが多かったせいか、水色は今一つなところもありましたが、味は、口当たりが柔らかく、あとから来る旨味は十分なものでした。非常に美味しかったです。まだそれほど飲んだわけではありませんが、今年(2021年)の新茶は、期待できそうです。

・関連記事:さえみどりとは?

結局 2021年(令和3年)産 新茶は、いつ頃から買える? まとめ

2021年は、昨年よりも5~6日ほど新茶の生育が早く、例年よりも7~9日またはそれ以上早いといえるでしょう。4月5日からは晴れの日が続く見込みで、前述した水色も改善してくると思います。2020年が暖冬であった影響もあり、お茶にとって厳しい年でしたが、2021年は良質な新茶ができるのではないかと期待に胸が膨らみます。

実際に流通するのは、4月10日頃からになると思います。たくさん出始めるのは、4月20日前後ではないでしょうか?

 

弊社も4月17日より新茶のSALEを開催します。目玉商品等用意しておりますので、よろしければ、ご覧ください。目玉商品の極上知覧新茶は、昨年は3日で完売しましたので、ご希望の方はお早めにお申し込みください。

新茶まつり 目玉商品 極上知覧新茶が半額の1080円

新茶まつり ご予約で新茶がお得になります。八女茶 知覧茶 熊本の新茶他

チラシの商品は、店頭はもちろん、お電話やお茶の山麓園通販サイトでもご購入いただけます。

その他の新茶は、楽天やヤフーショッピングのページからもご購入いただけます。

新茶1~3個
1197円送料無料
新茶1個 540円
3個以上送料無料
上級茶set 新茶3個
2160円送料無料
高級茶set 新茶3個
3240円送料無料
・楽天
・ヤフーShopping
・楽天
・ヤフーShopping
・楽天
・ヤフーShopping
・楽天
・ヤフーShopping

 

関連記事:2020年お茶の生産量

 

 

 

 

 

2020年お茶の生産量は、静岡県を抜いて鹿児島県が1位(日本一)になる?!本当か? 検証しました‼

※実際の結果(茶生産量1位が静岡県か鹿児島県か)については、記事の最後(3月13日更新)に記載しています。
富士山と茶畑(静岡県)

長年(半世紀以上)静岡茶は、お茶の生産量ランキング1位に君臨していた

お茶といえば、静岡県が何十年も生産量が1位でした。しかも、お茶の生産量のピークであった平成初期には、2位の鹿児島県の3~4倍の生産量を誇り、圧倒的な大産地でした。特に関東の方なら、静岡茶は絶対的な産地ブランドとして馴染みもあり、同時に人気を誇っています。知覧茶他、鹿児島茶も産地ブランドとして確立してきているものの、小学校から教科書で習ってきた、お茶=静岡のイメージは、静岡県(山梨県)にある富士山が日本一なのと同じくらい日本国民の常識となっています。

湯呑 緑茶

しかし、それが2020年、常識が変わるかもしれないという局面に来ています。昨年も2019年に日本茶生産量、日本一が鹿児島県になるかもしれないという記事を書きましたが、それにも増して今年は、静岡県にとって長年続いた王座が危うい状況になっています。

 

昨年(2019年)のお茶生産量 都道府県別ランキング

順位都道府県生産量(トン)
1静岡29500
2鹿児島28500
3三重5910
4宮崎3510
5京都2900
6福岡1780
7熊本1270
8佐賀1240
9埼玉881
10愛知832

出典:e-stat 作物統計(2020年6月25日公表)

1位の静岡県と2位の鹿児島県が僅差で3位の三重県と大きく差が開いている。

2020年静岡県の一番茶の生産量について

静岡新聞によると、2019年は天候不順が重なり、「記録的減産」となったそうです。2020年は、それにも増して2019年の15~20%の減産になる公算が大きいことがわかっています。今年は、新型コロナウイルスの影響で緊急事態宣言の最中に新茶のSALEなどは出来るはずもなく、多くの茶業者が苦戦を強いられています。噂ですが、一番茶も買い手がつかず、静岡県などは、公的機関が買い支えている(本当か?)という情報もあります。6月より始まる二番茶も売れ残る可能性が高く、調整(減産)を呼び掛けているそうです。

・参考記事:静岡新聞・静岡茶一茶、初の一万トン台割れも、過去最低

2020年鹿児島県の一番茶、生産量について

知覧の茶畑

鹿児島県、JA県経済連によると、一番茶の取引量は、昨年対比で96%と4%程度減少しています。(本茶は5%減少)

令和2年度取引量令和元年度取引量前年対比
 4659トン4830トン96%

※出典:鹿児島 JA県経済連ちゃぴおん情報第8報 令和2年6月1日 より

茶市場(JA県経済連)の取引量=鹿児島茶全体の生産量 ではないものの、減産率が平均で4%と考えると、他の地域よりも減少幅が少なかったと言えるでしょう。

・ちゃぴおん JA鹿児島経済連 茶事業部

2020年一番茶 生産量減少の主な原因

生産量減少の理由は、昨年12月~今年3月までの暖冬、4月に入っての強風、気温が上がらず低かったこと、雨が少なかったことが原因で、新芽の生育が抑制されたことが主な原因でした。2019年も大幅な減産となりましたが、2020年はそれにも増して厳しい状況が続いていて、静岡県だけでなく、全国で同じく減産となっているようです。

天候不順だけでなく、農家の高齢化や後継者不足による廃業も一因としてあります。慢性的な緑茶需要の低下から、価格の下落傾向は続いていることが拍車をかけています。とりわけ2020年は、コロナウイルスの影響もあって特に価格(キロ単価)の下落が激しいものでした。

 

2019年の静岡茶と鹿児島茶の生産量を比較

2019年 県別 荒茶の生産量及び割合 農林水産省の発表

 

農林水産省の発表では、2019年の静岡県、鹿児島県の荒茶生産量の差がなんと、1500トンだったと言われています。両県とも3万トン近くの生産量があるので、5%程度の差になります。

【荒茶とは】農家が茶葉を摘んで蒸して揉んで乾燥させてもの。その後、製茶業者が荒茶を買い付け、火入れ(焙煎)や粉や茎などを選別除去し、製品として袋詰めされる

出典:農林水産統計

 

2020年予想される静岡茶と鹿児島茶の生産量

静岡県新聞の5月18日の記事をみると、静岡の一番茶は昨年比で15~20%減産という。それなら、2020年の静岡県一番茶の生産量は8000トン後半から9000トン前半になるのでは?と予想されています。ちなみに昨年(2019年)は、11000トンだったことを考えると、かなり大きな減少と言っていいでしょう。

需要の低下から、単価も5~10%落ちているので、二番茶以降も生産調整が行われ、減産が見込まれるのは仕方ないところでしょう。

そうなってくると、昨年の静岡県の年間荒茶生産量29500トンが15%減少したと想定すると25075トン10%減少で26550トンとなります。

対して、鹿児島県の昨年の荒茶生産量は2万8000トン。生産量が一番茶の減少率と同じく、5%減ったと仮定すると、26600トンの計算になります。

新型コロナウイルスの影響が今後すぐになくなることは想像しがたく、さらにはお茶が余っている状況から、現在(6月上旬)二番茶の価格の下落幅が大きいことを考えると、静岡県の荒茶生産が好転するとは、とても考えられない状況と言えます。

・関連記事:一番茶と二番茶の違い

 

追記(7/12更新):静岡茶市場の情報によると、5月末時点での静岡茶取扱量(累計)は、約940トン。昨年対比(5月末)で約19%減少。6月末時点で約1420トン。昨年対比(6月末)で24%減。大幅な生産調整もあって、さらに生産量の減少幅が大きくなっている。他産地の一例として、熊本県でも、二番茶の値段がつかず、取引会は2回のみで以降全て中止となった。

一方、鹿児島県では、JA県経済連の二番茶取引実績が、昨年対比で約26%減少。6月末時点での一番茶、二番茶合わせた累計では、14%減少という結果だった。

静岡県と鹿児島県の年間茶取扱高に6月末時点の累計減産率を掛けてみた。

※静岡茶市場や鹿児島JA県経済連の取扱量であって、静岡茶や鹿児島県全体の生産量ではありません。どのくらいの割合で減産(昨対比)しているのかを計る参考値としています。

昨年(2019年)生産量2020年6月までの生産量 昨対比2020年生産量予想
静岡県29500トン76%22420トン
鹿児島県28000トン86%24080トン

結果、1660トン鹿児島茶の生産量が上回る計算となった。ただし、鹿児島県は静岡県に比べて二番茶以降の生産量の割合が高いことから、そのまま上記のような差になるとは考えられません。さらに、三番茶も生産自粛が(鹿児島)県茶生産協会理事会などで協議されていることから、日本茶生産量一位の座は、際どい結果なるような気がします。正確な結果がわかるのは、2021年2月頃の農林水産省の発表になります。

参照データ(静岡県):静岡茶市場5月~6月取り扱い数量

参照データ(鹿児島県):鹿児島 JA県経済連 茶事業部 ちゃぴおん情報第12報、第13報

結論とまとめ

結論として、2020年、全国お茶生産量1位の座が静岡県から鹿児島県に交代する公算が高くなってきていると言えます。おそらく約100年ほど続いた、静岡県1位という、絶対的事実が変わってしまうのは、歴史、時代が変わっていくような気さえします。

昨年の減産に続く、今年の大幅な減産、茶業界にとって厳しい環境である中、この変化は、歓迎すべきことなのかどうなのかはわかりません。

ただただ、極端な減産と王座交代か?など、歴史的な年として感じます。

しかし、何か歴史的変革が起きた時こそ、新しい何かが生まれたり、好転のチャンスにもなりえます。

鹿児島県 知覧町ゆたかみどり

やぶきた(静岡県は9割)一辺倒だったこれまでのお茶の常識から、多様多品種を栽培する鹿児島県がリーダーシップを発揮し牽引することで、今後の発展のきっかけとなるかもしれません。

関連記事:やぶきた神話、なぜやぶきたばかりなのか?

 

べにふうきゆたかみどりさえみどりも品種によって成分や効能も変わることで、高機能品種茶としてテレビやメディアで紹介されたこともあります。

病気に強い、収量の多い品種が、生産量を支え、味と品質の高い品種が、茶の需要を喚起する。1位の座が鹿児島県に代わることで、このような展開につなげていく可能性は、十分に高まると期待できます。

 

筆者も茶業界の一員として、明るい未来に貢献できるように取り組んでいけたらと思っています。

 

速報:2020年緑茶生産量と産出額の結果

2020年 茶生産量1位は静岡県 (農林水産省令和3年2月19日公表)

令和2年(2020年)産 お茶の都道府県別 荒茶生産量 及び割合の表

ランキング
生産量
1位 静岡県 25200トン
2位 鹿児島県23900トン
3位 三重県
 5080 トン
4位 宮崎県
 3060 トン

王者、静岡県が1位を固辞しました。

二番茶に続き、三番茶の大規模な生産調整が進み、鹿児島県の生産量が伸び悩む結果となりました。

一方、産出額は鹿児島県が1位

・2019年 茶産出額統計(2021年3月12日農林水産省)発表

茶 産出額ランキング
茶産出額
1位 鹿児島県252億円
2位 静岡県 251億円

なんと、茶の産出額ベースでは、鹿児島県が1位になりました。

生産量は静岡、産出額は鹿児島と、なんとも興味深い結果となりました。

この結果から、なぜ鹿児島県の方が単価が高くなるのかは、やはり効率性と品種の差でしょうか?鹿児島県では、「儲かる茶業」をスローガンに官民一体で推進しています。

茶の栽培面積は、静岡県が圧倒的(鹿児島県の1.7倍以上)なのに茶の生産量が僅差なのは、その差ではないでしょうか?

静岡県の茶栽培(摘採)面積 2020年13700 ヘクタール
鹿児島県の茶栽培(摘採)面積 2020年7970 ヘクタール

関連記事:さえみどりの平均取引価格は、やぶきたの1.7~1.8倍!

 

はたして、2021年は、どうなるのか?

このままの勢いであれば、鹿児島県が生産量も1位になるのか? それとも、静岡県が意地をみせるのか? 2021年も注目の年となりそうです。

関連記事:2021年のお茶の生産量1位は?!

 

 

花粉症に効果のあるべにふうき茶品種別に選ぶ 上級茶福袋 お茶の山麓園高機能品種茶 福袋
機能性表示食品 べにふうき茶 100g   499円送料無料知覧茶の粉末緑茶50g×3袋 1500円送料無料品種別に選べる 上級茶福袋 100g×3袋 2160円送料無料高機能品種茶福袋 100g×2袋 1080円送料無料

 

 

八十八夜摘みとは?新茶について

八十八夜摘みとは?

例年は5月2日が八十八夜

年が明けて八十八日目が八十八夜。例年なら、5月2日、閏年(うるうどし)の場合は、5月1日が八十八夜になります。

この時期は、全国的に新茶の最盛期にあたり、生産量も多く、品質的にも優れた新茶が摘まれると言われています。また、八十八夜の「八」という文字は、末広がりということで、縁起物としても知られています。縁起ものなのでプレゼント、ギフトとして人気です。

・↑茶摘みの歌:夏も近づく八十八夜…

茶摘みの最盛期

実際のところ、産地や品種によって、お茶の最盛期は異なり、その年の気候によって1週間から2週間ほど隔たりがあることから、八十八夜は一つの目安という考え方が正しいと思います。

日本一の産地(市町村)と知られる南九州市は、早生品種のさえみどりゆたかみどりは、4月10日~4月20日くらいに最盛期を迎え、八十八夜を迎えるころにはにほとんど摘み終わっています。また、早いほど若芽で摘むことから低収量で品質が高く、芽が大きくなると品質は低下し、収量も増加します。高品質な茶葉は、一芯二葉、または三葉で摘み、機械で深摘みすると、収量は増えますが、品質は低下します。

品種の違いについては別ページで解説しています

一般的に、八十八夜摘み(5月2日)は、日本一(県別)の産地である静岡県のやぶきた種が収量と品質面で優れたお茶が摘まれる時期ということでしょう。

・やぶきた種について

数年後には、鹿児島県が日本一の茶の生産地になるかもと言われているので、八十八夜ではなく、七十七夜と言われるようになるかもしれません。77も縁起の面では問題なさそうですね。

・2019年、鹿児島県が日本茶生産量1位になるかも?

また、多くの人が手で八十八夜にお茶を摘むと思っている方が非常に多いのですが、スリランカなどの紅茶や中国茶の産地と違い、日本国内では、手摘みは観光などのパフォーマンスを除いてほとんどありません。人の手による茶摘みは、非常に重労働で効率が悪く、採算性がないので、現代ではほとんど行われておりません。(手で摘むと他の茶畑を摘む時間が無くなり、最適な摘採時期を逃してしまう)

 

まとめ

八十八夜摘みは、5月2日頃に摘まれるお茶のこと。お茶の最盛期と言われているけれど、その年の気候、産地や品種によって最盛期が変わるため、一概にすべてのお茶の最盛期とは言うことができない。手で摘んでいると思われ勝ちだけれど、実際は機械で摘まれている。縁起ものなので、プレゼント、ギフトに喜ばれます。

 

ミミー号がお茶の山麓園、新茶まつりの取材にやってきました!

4月24日RKKとんでるワイド午前10時50分放送、ミミー号が新茶まつりの取材にやってきました。

極上知覧新茶のPRを予定しておりましたが、既に完売状態でしたので、熊本八十八夜摘みやそのほかのお茶のお話をさせていただきました。

30分程、ミミーキャスターの岡本さんと打合せしまして、本番生放送。少し慣れましたが、やはり緊張します。

残念ながら、極上知覧新茶は、ものすごい勢いで売れて完売しましたが、今日(4/24)入荷の知覧新茶もお勧めです。1000円→2割引き800円ですが、水色と香味に優れた1000円で販売するのはもったいないような新茶です。実際原価もギリギリなのですが、美味しい新茶を待っていらっしゃるお客様のために頑張りました。

是非お試しください。

ラジオでもお話ししましたが、熊本八十八夜摘みももう一つの目玉商品です。昨年RKKのスタジオで太田黒さんにご紹介いただきましたが、収録後に、美味しかったよとおっしゃっていただきました。今年も熊本の新茶は順調そうなので、きっと皆様にご満足いただけるような八十八夜摘みの新茶をご提供できることと思っております。5月2日までにご予約いただきましたら、通常価格1500円を1000円にて販売いたします。ご予約されないと1000円で販売することはできませんので、お忘れなく。今年は特に【令和】初摘み新茶となりますので、特にお勧めです。

その他、平成最後に摘んだ鹿児島新茶800円と、令和初摘みくまもと新茶800円が、ご予約限定で、ワンコインの500円になります。平成と令和、時代を跨いだ新茶の飲み比べは、今年限りのチャンスです。是非お試しください。

最後に、今年も新茶ソフトや新茶銅銭糖も好評販売中です。ゴールデンウィークも近いことですし、旬のお土産にもピッタリです。

新茶まつりは、5月7日までとなっておりますので、皆様のご来店、お待ちしております。

ミミー号の皆様方、ありがとうございました。

FM熊本 安井商店に出演

新茶祭りのPRのため、一年ぶりにFMKの安井商店に出演しました。収録でありましたが、一発本番、リハーサルなし、取り直しなしで終わりました。当初は番組も始まったばかりでしたので、安井さんも自分も一年前よりも成長したということでしょうか?

※写真のお茶は極上知覧新茶でなく、令和のお茶です。

極上知覧新茶のPRでしたが、今年は、お陰様で発売3日目にして3000個はほぼ終わりにというか完全に足りないくらい売れたという結果になっています。

ありがとうございます。

今年は、4月20日の発売でしたが、お茶が届いたのが、前日19日。詰め始めたのが3時近くで本当にギリギリでした。何とか無事に新茶をお届けすることができてほっとしました。(実際はホッとする間もなく忙しかったですが)

今年は、寒の影響で、高級クラスの新茶が高騰し苦戦しましたが、鹿児島県に滞在し、知覧茶の最盛期の3日間粘り粘ったおかげで、上物を入手することができました。

来年も極上知覧新茶を半額で販売を続けていこうと思っています。

乞うご期待。

熊本の新茶も続々入荷中ですので、こちらも是非お試しください。

極上知覧新茶 今年も半額で販売します!!乞うご期待!

桜の季節がやってきました。もうすぐ、今年も新茶の季節が始まります。

何といっても、鹿児島の新茶は4月に摘まれるため、「平成最後の新茶」ということになります。

今年も鹿児島まで車をかっ飛ばし、美味しい新茶をわんさか仕入れてきます。

鹿児島県では、最盛期近くなると一日に1000点以上の新茶が出品されます。鹿児島県は大規模農家が多いため、1点当たり100キロくらいから数百キロがスタンダードです。このように、ものすごい数の新茶の中から何度も吟味して良いもの探し出すのは、皆様のご予約の数だけプレッシャーとなり神経を使いますが、ご満足いただける逸品を手に入れてきますので、ご期待ください。

 

毎年、お茶の山麓園では、知覧茶の最高級品を3000個限定で半額で販売しております。

昨年は、初日で1000個以上売れ、数日後には完売。残念ながら、売切れで買えなかったお客様も多数いらっしゃいました。

希少な最高級品でございますので、それ以上の量を確保することは難しいです。売切れの際は、ご了承ください。

昨年は、皆さんたいへん美味しかったと好評でした。それもそのはず、使用した新茶の生産者は、その後の品評会で親子で1位と2位を受賞しています。鹿児島県には、たくさんの敏腕生産者の茶園がありますが、あの農家さんは、とにかく別格です。

水色は、もちろんのこと、やはり味がいいです。荒茶の状態では、他の新茶と大きな違いは判りませんが、仕上げた際の味わいがなんともいえません。圧巻です。

 

茶園も山間にありながら、行き届いていて美しく丁寧です。

個人的にもそこの新茶はたいへん評価していますので、今年も積極的に狙っていきます。狙いどころは、特に高価ではありますが、最盛期の、一番質の良い「さえみどり」です。(入札で他の業者さんが狙うと買いにくくなるので、内密にお願いいたします。)

 

新茶はまだこれからですが、

今年も、惜しむことなく、美味しい新茶をご提供いたします。

お楽しみに。

2000円を半額の1000円(税別)

仏事や母の日のギフトにも喜ばれます。

ご予約をご希望の方は、お電話でも受け付けておりますので、ご連絡ください。

新茶は稼ぎ時でもあるので、他では、こんな大胆な企画はできないと思っております。

しかし、お茶屋として新茶は一年の始まりでもあります。

美味しいご提供することで、当店のお茶の良さ、美味しさを知っていただき、一年間ごひいきにしていただければ、幸いと思っています。

実際に皆様は仏事やお歳暮などに多くご利用いただく結果となっています。損して得をえるの精神です。

特に今年は、平成最後という記念の新茶になりそうです。

多くの方にご利用いただき、しっていただく機会になればと思っております。是非、お試しください。

電話:096-378-7165

2019年 鹿児島新茶の生育情報!

鹿児島茶の発取引日が決定致しました。

2019年4月5日です。

昨年(2018年)は、初取引(入札)の時には、急激に新茶が生長し、予想よりも大量の新茶がどんどん出荷される事態となりました。一昨年(2017年)は、逆に初取引にほとんど新茶が出てこない状況でした。なかなか予想通りの展開とならないのも、自然が相手の農業の難しさです。今年は、おそらく初取引時には、あまり出そろってはこないと思われますが、今のところ無難なタイミングになっている印象です。

 

現在(2019年3月22日)の新茶の生育状況では、知覧で昨年よりも5日遅れと発表されています。産地と品種別に生育状況が違うのですが、全体を見たところ、種子島、屋久島、その他離島などは、特に遅れている(7~10日程度)印象です。品種的には、一概にいうことはできないのですが、「さえみどり」よりも「ゆたかみどり」が遅れが大きいようです。通常はゆたかみどりが若干早いのでさえみどりは、ほぼ同時に最盛期を迎える模様です。やぶきたも結構遅れそうですね。

最盛期は、鹿児島本島、最南端の大根占(おおねじめ)で4月13日、知覧、頴娃(えい)、枕崎で15~16日の予想です。

いずれにしても、今後の天候次第になります。

夜に雨が降ったり、気温が上がると、どんどん伸びるので、状況は変わってきます。

天気予報を見ると、4月24日から27日にかけて最低気温が4~6℃となっているので、山手の方は霜害が心配です。

今年も順調に生育が進んで、皆様に美味しい新茶がお届けできることを祈ります。

 

新茶をお求めの方は、ご予約がおすすめです。新茶は荒茶の加工等にも時間を要するので、当店でも4月15日くらいからお店に並ぶのではないかと思っています。

売り出し日は、まだ決まっていませんが、昨年(19日)よりも遅れると思います。

当店でもご予約を承っておりますので、ご希望の方はお問い合わせください。

電話:096-378-7165(am9:30~pm7:00)