2020年お茶の生産量は、静岡県を抜いて鹿児島県が1位(日本一)になる?!本当か? 検証しました‼

2020年鹿児島県が日本茶の生産量1位になる見込み。変革の年!

富士山と茶畑(静岡県)

長年(半世紀以上)静岡茶は、お茶の生産量ランキング1位に君臨していた

お茶といえば、静岡県が何十年も生産量が1位でした。しかも、お茶の生産量のピークであった平成初期には、2位の鹿児島県の3~4倍の生産量を誇り、圧倒的な大産地でした。特に関東の方なら、静岡茶は絶対的な産地ブランドとして馴染みもあり、同時に人気を誇っています。知覧茶他、鹿児島茶も産地ブランドとして確立してきているものの、小学校から教科書で習ってきた、お茶=静岡のイメージは日本国民の常識となっています。

しかし、それが2020年、常識が変わるかもしれないという局面に来ています。昨年も2019年に日本茶生産量、日本一が鹿児島県になるかもしれないという記事を書きましたが、それにも増して今年は、静岡県にとって長年続いた王座が危うい状況になっています。

2020年静岡県の一番茶の生産量について

静岡新聞によると、2019年は天候不順が重なり、「記録的減産」となったそうです。2020年は、それにも増して2019年の15~20%の減産になる公算が大きいことがわかっています。今年は、新型コロナウイルスの影響で緊急事態宣言の最中に新茶のSALEなどは出来るはずもなく、多くの茶業者が苦戦を強いられています。噂ですが、一番茶も買い手がつかず、静岡県などは、公的機関が買い支えている(本当か?)という情報もあります。6月より始まる二番茶も売れ残る可能性が高く、調整(減産)を呼び掛けているそうです。

・参考記事:静岡新聞・静岡茶一茶、初の一万トン台割れも、過去最低

2020年鹿児島県の一番茶、生産量について

鹿児島県、JA県経済連によると、一番茶の取引量は、昨年対比で96%と4%程度減少しています。(本茶は5%減少)

令和2年度取引量 令和元年度取引量 前年対比
 4659トン 4830トン 96%

※ちゃぴおん情報第8報 令和2年6月1日 より

茶市場(JA県経済連)の取引量=鹿児島茶全体の生産量 ではないものの、減産率が平均で4%と考えると、他の地域よりも減少幅が少なかったと言えるでしょう。

・ちゃぴおん JA鹿児島経済連 茶事業部

2020年一番茶 生産量減少の主な原因

生産量減少の理由は、昨年12月~今年3月までの暖冬、4月に入っての強風、気温が上がらず低かったこと、雨が少なかったことが原因で、新芽の生育が抑制されたことが主な原因でした。2019年も大幅な減産となりましたが、2020年はそれにも増して厳しい状況が続いていて、静岡県だけでなく、全国で同じく減産となっているようです。

天候不順だけでなく、農家の高齢化や後継者不足による廃業も一因としてあります。慢性的な緑茶需要の低下から、価格の下落傾向は続いていることが拍車をかけています。とりわけ2020年は、コロナウイルスの影響もあって特に価格(キロ単価)の下落が激しいものでした。

 

2019年の静岡茶と鹿児島茶の生産量を比較

2019年 県別 荒茶の生産量及び割合 農林水産省の発表

 

農林水産省の発表では、2019年の静岡県、鹿児島県の荒茶生産量の差がなんと、1500トンだったと言われています。両県とも3万トン近くの生産量があるので、5%程度の差になります。

【荒茶とは】農家が茶葉を摘んで蒸して揉んで乾燥させてもの。その後、製茶業者が荒茶を買い付け、火入れ(焙煎)や粉や茎などを選別除去し、製品として袋詰めされる

出典:農林水産統計

 

2020年予想される静岡茶と鹿児島茶の生産量

静岡県新聞の5月18日の記事をみると、静岡の一番茶は昨年比で15~20%減産という。それなら、2020年の静岡県一番茶の生産量は8000トン後半から9000トン前半になるのでは?と予想されています。ちなみに昨年(2019年)は、11000トンだったことを考えると、かなり大きな減少と言っていいでしょう。

需要の低下から、単価も5~10%落ちているので、二番茶以降も生産調整が行われ、減産が見込まれるのは仕方ないところでしょう。

そうなってくると、昨年の静岡県の年間荒茶生産量29500トンが15%減少したと想定すると25075トン10%減少で26550トンとなります。

対して、鹿児島県の昨年の荒茶生産量は2万8000トン。生産量が一番茶の減少率と同じく、5%減ったと仮定すると、26600トンの計算になります。

新型コロナウイルスの影響が今後すぐになくなることは想像しがたく、さらにはお茶が余っている状況から、現在(6月上旬)二番茶の価格の下落幅が大きいことを考えると、静岡県の荒茶生産が好転するとは、とても考えられない状況と言えます。

・関連記事:一番茶と二番茶の違い

結論とまとめ

結論として、2020年、全国お茶生産量1位の座が静岡県から鹿児島県に交代する公算が非常に高いと言えます。おそらく約100年ほど続いた、静岡県1位という、絶対的事実が変わってしまうのは、歴史、時代が変わっていくような気さえします。

昨年の減産に続く、今年の大幅な減産、茶業界にとって厳しい環境である中、この変化は、歓迎すべきことなのかどうなのかはわかりません。

ただただ、歴史的な年として感じます。

しかし、何か歴史的変革が起きた時こそ、新しい何かが生まれたり、好転のチャンスにもなりえます。

鹿児島県 知覧町ゆたかみどり

やぶきた(静岡県は9割)一辺倒だったこれまでのお茶の常識から、多様多品種を栽培する鹿児島県がリーダーシップを発揮し牽引することで、今後の発展のきっかけとなるかもしれません。

 

 

べにふうきゆたかみどりさえみどりも品種によって成分や効能も変わることで、高機能品種茶としてテレビやメディアで紹介されたこともあります。

病気に強い、収量の多い品種が、生産量を支え、味と品質の高い品種が、茶の需要を喚起する。1位の座が鹿児島県に代わることで、このような展開につなげていく可能性は、十分に高まると期待できます。

 

筆者も茶業界の一員として、明るい未来に貢献できるように取り組んでいけたらと思っています。

花粉症に効果のあるべにふうき茶

品種別に選ぶ 上級茶福袋 お茶の山麓園高機能品種茶 福袋

八十八夜摘みとは?新茶について

八十八夜摘みとは?

例年は5月2日が八十八夜

年が明けて八十八日目が八十八夜。例年なら、5月2日、閏年(うるうどし)の場合は、5月1日が八十八夜になります。

この時期は、全国的に新茶の最盛期にあたり、生産量も多く、品質的にも優れた新茶が摘まれると言われています。また、八十八夜の「八」という文字は、末広がりということで、縁起物としても知られています。縁起ものなのでプレゼント、ギフトとして人気です。

・↑茶摘みの歌:夏も近づく八十八夜…

茶摘みの最盛期

実際のところ、産地や品種によって、お茶の最盛期は異なり、その年の気候によって1週間から2週間ほど隔たりがあることから、八十八夜は一つの目安という考え方が正しいと思います。

日本一の産地(市町村)と知られる南九州市は、早生品種のさえみどりゆたかみどりは、4月10日~4月20日くらいに最盛期を迎え、八十八夜を迎えるころにはにほとんど摘み終わっています。また、早いほど若芽で摘むことから低収量で品質が高く、芽が大きくなると品質は低下し、収量も増加します。高品質な茶葉は、一芯二葉、または三葉で摘み、機械で深摘みすると、収量は増えますが、品質は低下します。

品種の違いについては別ページで解説しています

一般的に、八十八夜摘み(5月2日)は、日本一(県別)の産地である静岡県のやぶきた種が収量と品質面で優れたお茶が摘まれる時期ということでしょう。

・やぶきた種について

数年後には、鹿児島県が日本一の茶の生産地になるかもと言われているので、八十八夜ではなく、七十七夜と言われるようになるかもしれません。77も縁起の面では問題なさそうですね。

・2019年、鹿児島県が日本茶生産量1位になるかも?

また、多くの人が手で八十八夜にお茶を摘むと思っている方が非常に多いのですが、スリランカなどの紅茶や中国茶の産地と違い、日本国内では、手摘みは観光などのパフォーマンスを除いてほとんどありません。人の手による茶摘みは、非常に重労働で効率が悪く、採算性がないので、現代ではほとんど行われておりません。(手で摘むと他の茶畑を摘む時間が無くなり、最適な摘採時期を逃してしまう)

 

まとめ

八十八夜摘みは、5月2日頃に摘まれるお茶のこと。お茶の最盛期と言われているけれど、その年の気候、産地や品種によって最盛期が変わるため、一概にすべてのお茶の最盛期とは言うことができない。手で摘んでいると思われ勝ちだけれど、実際は機械で摘まれている。縁起ものなので、プレゼント、ギフトに喜ばれます。

 

ミミー号がお茶の山麓園、新茶まつりの取材にやってきました!

4月24日RKKとんでるワイド午前10時50分放送、ミミー号が新茶まつりの取材にやってきました。

極上知覧新茶のPRを予定しておりましたが、既に完売状態でしたので、熊本八十八夜摘みやそのほかのお茶のお話をさせていただきました。

30分程、ミミーキャスターの岡本さんと打合せしまして、本番生放送。少し慣れましたが、やはり緊張します。

残念ながら、極上知覧新茶は、ものすごい勢いで売れて完売しましたが、今日(4/24)入荷の知覧新茶もお勧めです。1000円→2割引き800円ですが、水色と香味に優れた1000円で販売するのはもったいないような新茶です。実際原価もギリギリなのですが、美味しい新茶を待っていらっしゃるお客様のために頑張りました。

是非お試しください。

ラジオでもお話ししましたが、熊本八十八夜摘みももう一つの目玉商品です。昨年RKKのスタジオで太田黒さんにご紹介いただきましたが、収録後に、美味しかったよとおっしゃっていただきました。今年も熊本の新茶は順調そうなので、きっと皆様にご満足いただけるような八十八夜摘みの新茶をご提供できることと思っております。5月2日までにご予約いただきましたら、通常価格1500円を1000円にて販売いたします。ご予約されないと1000円で販売することはできませんので、お忘れなく。今年は特に【令和】初摘み新茶となりますので、特にお勧めです。

その他、平成最後に摘んだ鹿児島新茶800円と、令和初摘みくまもと新茶800円が、ご予約限定で、ワンコインの500円になります。平成と令和、時代を跨いだ新茶の飲み比べは、今年限りのチャンスです。是非お試しください。

最後に、今年も新茶ソフトや新茶銅銭糖も好評販売中です。ゴールデンウィークも近いことですし、旬のお土産にもピッタリです。

新茶まつりは、5月7日までとなっておりますので、皆様のご来店、お待ちしております。

ミミー号の皆様方、ありがとうございました。

FM熊本 安井商店に出演

新茶祭りのPRのため、一年ぶりにFMKの安井商店に出演しました。収録でありましたが、一発本番、リハーサルなし、取り直しなしで終わりました。当初は番組も始まったばかりでしたので、安井さんも自分も一年前よりも成長したということでしょうか?

※写真のお茶は極上知覧新茶でなく、令和のお茶です。

極上知覧新茶のPRでしたが、今年は、お陰様で発売3日目にして3000個はほぼ終わりにというか完全に足りないくらい売れたという結果になっています。

ありがとうございます。

今年は、4月20日の発売でしたが、お茶が届いたのが、前日19日。詰め始めたのが3時近くで本当にギリギリでした。何とか無事に新茶をお届けすることができてほっとしました。(実際はホッとする間もなく忙しかったですが)

今年は、寒の影響で、高級クラスの新茶が高騰し苦戦しましたが、鹿児島県に滞在し、知覧茶の最盛期の3日間粘り粘ったおかげで、上物を入手することができました。

来年も極上知覧新茶を半額で販売を続けていこうと思っています。

乞うご期待。

熊本の新茶も続々入荷中ですので、こちらも是非お試しください。

極上知覧新茶 今年も半額で販売します!!乞うご期待!

桜の季節がやってきました。もうすぐ、今年も新茶の季節が始まります。

何といっても、鹿児島の新茶は4月に摘まれるため、「平成最後の新茶」ということになります。

今年も鹿児島まで車をかっ飛ばし、美味しい新茶をわんさか仕入れてきます。

鹿児島県では、最盛期近くなると一日に1000点以上の新茶が出品されます。鹿児島県は大規模農家が多いため、1点当たり100キロくらいから数百キロがスタンダードです。このように、ものすごい数の新茶の中から何度も吟味して良いもの探し出すのは、皆様のご予約の数だけプレッシャーとなり神経を使いますが、ご満足いただける逸品を手に入れてきますので、ご期待ください。

 

毎年、お茶の山麓園では、知覧茶の最高級品を3000個限定で半額で販売しております。

昨年は、初日で1000個以上売れ、数日後には完売。残念ながら、売切れで買えなかったお客様も多数いらっしゃいました。

希少な最高級品でございますので、それ以上の量を確保することは難しいです。売切れの際は、ご了承ください。

昨年は、皆さんたいへん美味しかったと好評でした。それもそのはず、使用した新茶の生産者は、その後の品評会で親子で1位と2位を受賞しています。鹿児島県には、たくさんの敏腕生産者の茶園がありますが、あの農家さんは、とにかく別格です。

水色は、もちろんのこと、やはり味がいいです。荒茶の状態では、他の新茶と大きな違いは判りませんが、仕上げた際の味わいがなんともいえません。圧巻です。

 

茶園も山間にありながら、行き届いていて美しく丁寧です。

個人的にもそこの新茶はたいへん評価していますので、今年も積極的に狙っていきます。狙いどころは、特に高価ではありますが、最盛期の、一番質の良い「さえみどり」です。(入札で他の業者さんが狙うと買いにくくなるので、内密にお願いいたします。)

 

新茶はまだこれからですが、

今年も、惜しむことなく、美味しい新茶をご提供いたします。

お楽しみに。

2000円を半額の1000円(税別)

仏事や母の日のギフトにも喜ばれます。

ご予約をご希望の方は、お電話でも受け付けておりますので、ご連絡ください。

新茶は稼ぎ時でもあるので、他では、こんな大胆な企画はできないと思っております。

しかし、お茶屋として新茶は一年の始まりでもあります。

美味しいご提供することで、当店のお茶の良さ、美味しさを知っていただき、一年間ごひいきにしていただければ、幸いと思っています。

実際に皆様は仏事やお歳暮などに多くご利用いただく結果となっています。損して得をえるの精神です。

特に今年は、平成最後という記念の新茶になりそうです。

多くの方にご利用いただき、しっていただく機会になればと思っております。是非、お試しください。

電話:096-378-7165

2019年 鹿児島新茶の生育情報!

鹿児島茶の発取引日が決定致しました。

2019年4月5日です。

昨年(2018年)は、初取引(入札)の時には、急激に新茶が生長し、予想よりも大量の新茶がどんどん出荷される事態となりました。一昨年(2017年)は、逆に初取引にほとんど新茶が出てこない状況でした。なかなか予想通りの展開とならないのも、自然が相手の農業の難しさです。今年は、おそらく初取引時には、あまり出そろってはこないと思われますが、今のところ無難なタイミングになっている印象です。

 

現在(2019年3月22日)の新茶の生育状況では、知覧で昨年よりも5日遅れと発表されています。産地と品種別に生育状況が違うのですが、全体を見たところ、種子島、屋久島、その他離島などは、特に遅れている(7~10日程度)印象です。品種的には、一概にいうことはできないのですが、「さえみどり」よりも「ゆたかみどり」が遅れが大きいようです。通常はゆたかみどりが若干早いのでさえみどりは、ほぼ同時に最盛期を迎える模様です。やぶきたも結構遅れそうですね。

最盛期は、鹿児島本島、最南端の大根占(おおねじめ)で4月13日、知覧、頴娃(えい)、枕崎で15~16日の予想です。

いずれにしても、今後の天候次第になります。

夜に雨が降ったり、気温が上がると、どんどん伸びるので、状況は変わってきます。

天気予報を見ると、4月24日から27日にかけて最低気温が4~6℃となっているので、山手の方は霜害が心配です。

今年も順調に生育が進んで、皆様に美味しい新茶がお届けできることを祈ります。

 

新茶をお求めの方は、ご予約がおすすめです。新茶は荒茶の加工等にも時間を要するので、当店でも4月15日くらいからお店に並ぶのではないかと思っています。

売り出し日は、まだ決まっていませんが、昨年(19日)よりも遅れると思います。

当店でもご予約を承っておりますので、ご希望の方はお問い合わせください。

電話:096-378-7165(am9:30~pm7:00)