自家焙煎のほうじ茶で「ほうじ茶ソフト」をつくりました!

お茶の山麓園で、この春 ほうじ茶ソフトクリームを新発売!

ほうじ茶ソフトは、こうして作られます!

1.ほうじ茶の粉末を用意します。

原料に熊本産の一番茶の茶葉を使用し、焙じ機(火入れ機)300℃で茶葉が180℃になるまで焙じました。通常、ほうじ茶には 緑茶として飲むのには不向きな秋冬番茶を使います。いわるゆる、安くてマ〇イお茶です。しかし、ほうじ茶であっても、やはり一番茶が美味しいので、当店では 多少コストがかかっても美味しいものを追求します。

ほうじ茶とういうと、棒茶を使用するものが多いですが、棒茶(白折)は繊維質が多いので、ソフトクリームには向きません。よって茶葉の割合が多い原料を使用します。

今回はハイスピードミルで粉末状にします。(ほうじ茶でない場合、電動石臼でじっくり粉末状した方が無難です。)

ほうじ茶(粉末)パウダーの試作品

パウダーができたら、いよいよ ほうじ茶ソフトの素をつくります。

ボールにほうじ茶パウダーを入れます。今回は、お茶の割合を少し少なめにソフトクリームミックス1リットルに対して22g投入します。濃いともちろんお茶の味わいが強くなります。

クリームは、最高級のものを使用します。高級クリームは、乳脂肪の割合が高く、濃厚で滑らかな味わいになります。お茶の香りを引き立たせたいなら、あっさり系のクリームが良いですが、総合的な味わいを考えると乳脂肪の多いものがベスト。また、高級クリームでも相性があり、味わいもかなり変わってくるので、自分で試される場合は、かなりの種類のミックスを試す必要があります。

いきなりクリームをすべて入れて粉と混ぜ合わせると、玉(ダマ)が出来てしまいます。

ソフトクリームの機械は、少しずつクリームが流れてくる仕組みになっているので、玉が出来てしまうと、クリームの吸入口に詰まってしまい、作動しなくなります。

玉なく、均等にクリームになじむようにするには、まず、パウダーに少量のクリームを投入し、ほうじ茶のペーストができるよう練るように混ぜます。

 

ペーストが出来たら、さらにクリームを加え、なじませていきます。

液状になったら残りのクリームを投入。

昨今、ラテアートなるものが流行っていますが、これを作るときは、お絵かきする気分でなにかやってみたくなります。芸術の才能が有れば、ソフトクリームを作らずとも満足できそうです。

こうして、出来上がったほうじ茶クリームを機械に投入。

スイッチオン

機械が作動し、冷却しながら攪拌します。シリンダー内にクリームミックスが満タンだと空気が含まれないので、7割くらい満たし、空気と混ぜ合わせることで舌触りの良い滑らかなソフトクリームになります。(空気を入れないとソフトクリームの色合いも濃厚になります)

 

5分ほど待てば、準備オッケー

 

早速、ソフトクリームを仕上げてみました。チョコレートのソフトのような色合い!

 

これだけでも、美味しいのですが、ほうじ茶の香りをきわだたせるため、ほうじ茶パウダーを少し振りかけます。

食べると、ほうじ茶の香りが口いっぱいに広がります。後口も爽やか!やはり、香りが違います!!!

お茶が入っていることで、甘さも控えめで、大人のソフトクリームといった感じです。

熊本産ほうじ茶を使ったほうじ茶ソフト

超うまいです。発売初日に食べに来た親子(母娘)さんが、翌日リピーターとしてお父さんを連れてやってきました。気に入ってもらって、大成功です。

 

 

加えて、ほうじ茶も販売開始しました。

 

お茶の山麓園の上ほうじ茶

ほうじ茶を焙煎機で製造する場合、温度が重要になってきます。

焙煎機で300℃。茶葉が180℃になったところで排出した場合、かなり香ばしいほうじ茶に仕上がります。

これを同じく300℃で170℃に設定すると、緑茶の味わいも残るほうじ茶になります。

175℃だとその中間です。

棒茶は、180℃だとかなり強く焙煎が効きます。(工場が火事かと思えるほど煙だらけになりました。)棒は膨れるため、焙じると量(かさ)が倍以上になります。

販売中のほうじ茶は、熊本産一番茶に 上物の棒ほうじ茶(もちろん一番茶)を加えて作りました。香りと味わいが整っています。

日頃コーヒー等のあなたも、食後に胃を落ち着かせたいとき、朝一息つきたいとき、おやつのお供に気分を変えたいときなど…是非お試しください。

お茶の火入れ機が稼働!炒りたてのほうじ茶も販売開始します!

火入れ機が入荷しました!今後炒りたてのほうじ茶もご提供いたします。

ドラム式火入れ機

2月22日、新しいドラム式火入れ機が届きました。遥々静岡県からトラックに積んで到着。

すでに仕上げたお茶を再火(もう一度焙煎)する目的で導入した機械なのですが、ほうじ茶も製造できるので、今後炒りたての「ほうじ茶」を販売していきます。

近年はほうじ茶ブーム

最近は、雪見だいふくのほうじ茶味、スタバのほうじ茶ラテ、ほうじ茶チョコなどが、登場し、ほうじ茶スイーツが流行しています。抹茶とは一味違う香りで、今後も新しいほうじ茶スイーツが増えていくだろうと思います。

一般のご家庭で、ほうじ茶プリンやクッキー、シフォンケーキなど…美味しいほうじ茶スイーツを作ってみよう!という方も多いのではないでしょうか。そこで、ススイーツに活用もできるほうじ茶の粉末も販売予定です。

山麓園でも、ほうじ茶を使ったソフトクリームを試作販売予定です。これから、どんどんバリエーションを増やしていけたら…と思っています。乞うご期待!!!

ほうじ茶はこのようにして製造します。

温度設定

火入れ機の操作パネル操作パネルにドラム内の温度を300℃、茶葉が178~185℃で排出されるように設定。

茶葉が焦げないよう、ドラムの回転速度も少し早くします。

 

 

ほうじ茶の製造 焙煎中の様子

ドラムが燃焼中強火でドラムを熱します。120℃を超えるくらいから、茶葉から白い煙が発生。とても香ばしい香りです。

茶葉温度が180℃くらいになると、換気扇を回しているにも関わらず、室内が煙で充満。外の道路にもほうじ茶の香ばしい香りが漂っているようで、ご来店中のお客様が「外でお茶のいい香りがしたよ」とおっしゃっていました。

焙煎していた私も、洋服はもちろん体中からほうじ茶の香ばしい香りがしています。

ほうじ茶の香りに誘われて、お客様が続々ご来店ということになれば…と、都合のいことも考えています。

 

出来たてのほうじ茶

出来立てアツアツのほうじ茶の完成です。写真で分かりますか?白い煙が出ています。さわると火傷するくらい熱いです。

早速、出来立てを飲んでみると、なんとも香ばしい!さすが炒りたてです!そして後口もスッキリした味わい。

熊本産の(熊本県水俣産)ぐり茶の一番茶を使いました。

 

次に同じ茶葉を170℃で排出の設定で焙じてみました。茶葉は少しみどりかかっていて、澄んだ水色(すいしょく)でした。香ばしく、緑茶の味わいも残っていました。私はこちらの方が好みに感じましたが、妻は、前回試作した高温で炒ったほうじ茶が好みのようでした。人それぞれ好みはあるようです・・・

これから、色々と試行錯誤で良い品をお届けできるよう頑張っていきたいと思います。

 

ほうじ茶の粉末も試作

ほうじ茶(粉末)パウダーの試作品次に

ほうじ茶ソフトクリーム試作のため、ほうじ茶パウダーを作ってみました。

先ほどのほうじ茶の茶葉をハイスピードミルで粉状にし、御影石の電動石臼で細かく挽きました。なかなかいい具合です!

これなら、そのままでも美味しく滑らかなほうじ茶ソフトの試作品ができそうです。

 

ほうじ茶は、通常、番茶を使用しますが、当店では一番茶を使用します。

番茶と一番茶では、ほうじ茶の味わいも大きく変わってきます。

美味しいほうじ茶をお求めの際は、是非お尋ねください。